スキップしてメインコンテンツへ

Linux Foundation認定とはどんなものか

2021年2月8日#!28火、222月202221:17:10 + 0000p1028#28火、222月202221:17:10 + 0000p-9 + 00:002828 + 00:00x28 22 pm28pm-28火、222月202221: 17:10 + 0000p9 + 00:002828 + 00:00x282022火、222月202221:17:10 + 0000179172pm火曜日= 618#!28火、222月202221:17:10 + 0000p + 00:002# 2月22日、2022#!28火、222月202221:17:10 + 0000p1028# / 28火、222月202221:17:10 + 0000p-9 + 00:002828 + 00:00x28#!28火、222月2022 21:17:10 + 0000p + 00:002#お知らせ

Linux Foundation Training&Certificationでは、どんな人にどういう認定が最適なのかを知りたいという質問を頻繁に受け取ります。どのような認定資格が自分のキャリアを前進させ、新しい資格を取得するのに役立つのか、あるいは自分は試験で成功するために必要なスキルを持っているのかなど、わからないこともあるでしょう。ここでは、そんな方のために、各試験の概要、対象者、対象となるトピック、準備方法、および試験の内容などを説明します。 

ジャンプ先:

Linux Foundation Certified IT Associate (LFCA)

LFCAは、The LinuxFoundationによる初めての入門レベルのIT認定です。市場に出回っている多くの入門レベルの認定とは異なり、クラウド コンピューティングなど、今日のほとんどのITの役割に不可欠な最新のITインフラの要素が含まれています。 2020年のオープンソース ジョブ レポートによれば、雇用主が求めている上位3つのスキルは、Linux、クラウド、セキュリティであることがわかりました。これらがすべてカバーされています。また、最も需要の高い職務はDevOpsですが、そのスキルもこの試験でテストされます。この認定を取得することは、新しいITキャリアで着実に実行するスキルがあることを証明する理想的な方法です。

この認証について

Certified IT Associateは、IT分野における初期の習熟度と適性を確認します。この試験は、他の資格と統合することを目的としており、より高度な資格への足がかりを提供します。

対象者

LFCAは、業界に入ったばかりの方、または管理者やエンジニアとしてITキャリアを開始しようとしている方を対象とした、プリ-プロフェッショナル向けの認定資格です。この資格は、クラウドコンピューティングを含む最新のITシステムの重要な概念を理解していることを証明することで、プロのレベルに進みたいと考えているユーザーに最適な資格です。この資格は初心者レベルの資格であり、事前の経験は必要ありません。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • テクニカル サポート スペシャリスト
  • ジュニア システム アドミニストレーター
  • ジュニア システム アナリスト

この認定は何を証明できますか?

LFCAは、オペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーションのインストールと管理、ハードウェアのインストール、コマンドラインと基本的なプログラミングの使用、基本的なネットワーキング機能、セキュリティのベストプラクティス、およびその他の関連トピックを含む基本的なIT概念に関する候補者の知識をテストし、入門レベルのITポジションに対する能力と準備を検証します。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、60の多肢選択問題で構成されています。
  • 受験者の持ち時間は90分です。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

LFCA試験の対象となるトピックとその比率は次のとおりです。 

  • Linux基礎 – 20%
  • システム管理基礎 – 20%
  • クラウド コンピューティング基礎 – 20%
  • セキュリティ基礎 – 16%
  • DevOps基礎 – 16%
  • アプリケーションと開発者のサポート – 8%

LFCAの対象領域とコンピテンシーを表示

どのように準備すればよいか

多くのLinuxFoundation認定とは異なり、LFCAには試験のすべての側面をカバーする単一のコースがありません。試験は、今日のIT管理者として成功するために必要な幅広いトピックを対象としています。無料のLinux Foundationトレーニング コースの多くでこれらのトピックを取り上げていますので、コースにお金をかけることなく試験の準備をすることができます。

LFCAの準備に役立つ無料のコースには次のものがあります。

完全なリストについては、LFCAリソースのページを参照してください。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Linux Foundationのリソース以外にも、LFCAの準備のための有料コースを提供しているサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。 

Linux Foundation Certified System Administrator (LFCS)

LFCSは、Linuxシステム管理スキルセットの検証を検討している受験者にとって理想的です。これは中級レベルの認定であり、Linuxのシステム管理者として働きたい人にとっては良い出発点です。この試験は、ほとんどすべてのクラウド インスタンスがLinuxで実行されるため、クラウド管理の仕事に移行する予定がある方にも有益な認定資格です。また、このような役割を効果的に果たすためには、Linuxの強力な基礎が必要です。 

この認証について

LFCSは、Linux管理の才能に対する高い需要を満たすために、Linux Foundationによって開発されました。この試験は、コマンドラインで実行され、現場のシステム管理者が直面する業務上のタスクやシナリオをシミュレートするパフォーマン スベースの項目で構成されています。受験者はUbuntu18またはCentOS7のいずれかを選択できるため、試験を受ける前にこれらのディストリビューションで練習することをお勧めします。

対象者

LFCSは、Linuxシステム管理やオープンソースにおけるキャリアが比較的短い方に理想的な認定です。受験者は、この試験を受験する前に、Linuxシステム管理の確かな経験があるか、トレーニングを完了している必要があります。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • システム管理者
  • Linux管理者
  • システム アナリスト
  • データベース管理者
  • DevOpsエンジニア
  • IT技術者
  • ネットワーク技術者

この認定は何を証明できますか?

Certified Linux systems administrator保持者は、設計、インストール、構成、およびシステム インストールの管理について熟練した作業を行うことができます。ネットワーク、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーション ライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクト プリミティブなどの重要な概念を理解し、エンドユーザーのための基本的なユースケースを確立できます。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、20〜25のパフォーマンスベースのタスクで構成されています。
  • 試験は完了するまでに2時間かかると予想されます。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。

LFCS試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • 必須コマンド– 25%
  • 実行中のシステムの操作– 20%
  • ユーザーおよびグループ管理-10%
  • ネットワーキング– 12%
  • サービス構成-20%
  • ストレージ管理-13%

LFCSのドメインとコンピテンシーを表示

どのように準備すればよいか

LFCSの準備として最も直接的な方法は、 Essentials of Linux System Administration (LFS201) トレーニング コースを受講することです。このコースでは、この試験に合格するために必要なトピックとスキルについて説明し、Linuxシステム管理者としてのキャリアで成功するための準備も行います。このコースは、The Linux Foundationで試験を作成したのと同じチームによって開発および保守されているため、関連性があり、最新であることが保証されます。 

LFCSの準備に役立つ無料のコースは次のとおりです。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Linux Foundationのリソース以外にも、LFCSの準備のための有料コースを提供しているサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

Kubernetes&Cloud Native Associate(KCNA)

2021年に開始されたKCNA試験は、クラウドコンピューティングのエントリーレベルのキャリアを追求する個人にとって、すぐに尊敬される資格になりました。クラウドスキルを持った個人が就職市場に参入する必要性は非常に高く、テクノロジー分野にまったく慣れていない人も含め、あらゆるレベルでチャンスが生まれています。 KCNA認定を取得している人は、Kubernetesと、業界で働き始めることができる範囲で、より広いクラウドネイティブエコシステムに関する基本的な知識とスキルを持っていることを示しています。

この認証について

この試験では、特にKubernetesに焦点を当てて、クラウドネイティブエコシステム全体の概念的な知識を確認します。 KCNA試験は、候補者がクラウドネイティブテクノロジーを使用できるように準備し、CKA、CKAD、CKSなどのCNCFクレデンシャルをさらに追求することを目的としています。

対象者

KCNAは、Kubernetesの基礎知識とスキルの実証された理解を通じて、専門家レベルへの昇進に関心のある候補者向けに設計された専門職前の認定資格です。この認定資格は、クラウドネイティブテクノロジーについて学習している学生や、クラウドネイティブテクノロジーの使用に関心のある候補者に最適です。この認定資格を保持している人の役職には、次のものが含まれます。

  • IT管理者
  • クラウド管理者
  • Kubernetes管理者
  • システム管理者
  • 技術サポート
  • DevOps

 この認定は何を証明できますか?

KCNAを渡すことで実証されたKubernetesとクラウドネイティブテクノロジーの知識には、基本的なkubectlコマンドを使用してアプリケーションをデプロイする方法、Kubernetesのアーキテクチャ(コンテナ、ポッド、ノード、クラスター)、クラウドネイティブランドスケープとプロジェクト(ストレージ、ネットワーキング、 GitOps、サービスメッシュ)、およびクラウドネイティブセキュリティの原則。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで配信され、複数の選択肢の質問で構成されています。
  • 受験者は90分で試験を完了することができます。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

KCNA試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。

  • Kubernetes Fundamentals – 46%
  • コンテナオーケストレーション– 22%
  • クラウドネイティブアーキテクチャ– 16%
  • クラウドネイティブの可観測性– 8%
  • クラウドネイティブアプリケーション配信– 8%

全文を表示 KCNAドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

これはエントリーレベルの認定であるため、この試験の準備の多くは、広く利用可能なリソースを使用して独立して行うことができます。

KCNAの準備に役立つTheLinuxFoundationが提供する無料コースには次のものがあります。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、それぞれに登録して完了することをお勧めします。 一つずつ そのため、現在のコースを完了する前に、将来のコースで時間が不足することはありません。

より構造化された準備を探している人のために、 Kubernetes&Cloud Native Essentials(LFS250) オンライントレーニングコースは、KCNA試験を念頭に置いて設計されており、テストされたほとんどのトピックをカバーしています。

Certified Kubernetes Administrator (CKA)

2017年に開始されたCKA試験は非常に急速に上昇し、世界で最も需要の高いクラウド認定の1つになりました。あらゆる規模の組織でKubernetesが急速に採用されるにつれ、Kubernetesのスキルと知識を備えたクラウド管理者とエンジニアを増やす必要性が最も重要になっています。実際、2020年のオープンソースジョブレポートでは、クラウドとコンテナに関する知識が採用決定に最大の影響を与えることがわかりました。 CKAは、個人がKubernetes管理者の責任を実行するためのスキル、知識、および能力を持っていることを保証します。

この認証について

認定Kubernetes管理者は、Kubernetesエコシステムの開発を支援するための継続的な取り組みの一環として、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって作成されました。試験はオンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストであり、Kubernetesを実行するコマンドラインから複数のタスクを解く必要があります。

対象者

この認定は、Kubernetes管理者、クラウド管理者、およびKubernetesインスタンスを管理するその他のITプロフェッショナルを対象としています。これは中級レベルの試験であり、経験および/または専門的なトレーニングを行うことをお勧めします。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • クラウド管理者
  • Kubernetes管理者
  • Kubernetesエンジニア
  • クラウドアーキテクト
  • クラウドエンジニア
  • クラウドネットワーク管理者
  • クラウドサポートスペシャリスト
  • クラウドコンピューティングスペシャリスト
  • DevOpsエンジニア

この認定は何を証明できますか?

認定Kubernetes管理者は、基本的なインストールを実行できるだけでなく、本番環境レベルのKubernetesクラスタを構成および管理する機能を実証しました。また、Kubernetesのネットワーキング、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーションのライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクトプリミティブ、エンドユーザーの基本的なユースケースを確立する機能などの主要な概念を理解します。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、15〜20のパフォーマンスベースのタスクで構成されています。
  • 受験者は試験を完了するのに2時間かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CKA試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • ストレージ – 10%
  • トラブルシューティング – 30%
  • ワークロードとスケジューリング – 15%
  • クラスタのアーキテクチャ、インストール、構成 – 25%
  • サービスとネットワーク – 20%

全文を表示 CKAドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

その人気のために、CKA試験の準備に利用できる資料が豊富にあります。最も直接関連する構造化されたトレーニングコースは Kubernetes Fundamentals (LFS258) これは、CNCFとThe Linux Foundation(CKA試験を作成したのと同じ人々)によって開発され、試験でテストされた同じ主題分野をカバーしています。このコースは、CKAとのバンドルとして割引料金で購入できます。私たちは試験とコースの両方を開発しているため、コースの最新バージョンは常に最新バージョンの試験に備えるように設計されていることを保証します。あなたが完全な初心者であるならば、あなたはまた考慮したいかもしれません Cloud Engineer Bootcamp これは、Linuxとクラウドの基礎知識を提供し、「最終試験」としてCKAで最高潮に達します。 

CKAの準備に役立つ無料のコースには次のものがあります。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Linux FoundationやCNCFリソース以外にも、CKAの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)

今日の最新のアプリケーションは、デフォルトでクラウドネイティブとして構築されています。これには、Kubernetesを含むクラウドツールの知識が必要です。そのため、Linux FoundationとCNCFは、ユーザーがKubernetesのクラウドネイティブアプリケーションを設計、構築、構成、公開できることを証明するCKAD試験を開発しました。 

この認証について

CKADは、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって開発され、標準化されたトレーニングと認定を通じてKubernetesエコシステムを拡大するのに役立ちます。この試験は、オンラインで監督された、パフォーマンスベースのテストであり、コマンドラインで解決する一連のパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。

対象者

この認定は、Kubernetesエンジニア、クラウドエンジニア、およびKubernetesを使用したクラウドネイティブアプリケーションの構築、デプロイ、構成を担当するその他のITプロフェッショナルを対象としています。これは中級レベルの認定であり、経験および/または専門的なトレーニングを行うことをお勧めします。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • Kubernetesエンジニア
  • Kubernetes開発者
  • クラウドエンジニア
  • クラウドネットワークエンジニア
  • クラウドアーキテクト
  • クラウドシステムエンジニア
  • クラウド開発者
  • クラウドアプリケーションエンジニア
  • クラウドアプリケーション開発者
  • DevOpsクラウドアーキテクト

この認定は何を証明できますか?

認定Kubernetesアプリケーション開発者は、Kubernetes用のクラウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、公開できます。 CKADは、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用して、Kubernetesのスケーラブルなアプリケーションやツールを構築、監視、トラブルシューティングできます。

この試験は、コンテナ ランタイムやマイクロサービス アーキテクチャの知識があることを前提としていますが、それらを問うものではありません。

以下のような知識を持つ受験者を想定しています。

–DockerやrktなどのOCI準拠のコンテナランタイム。

–クラウドネイティブアプリケーションの概念とアーキテクチャ。

– Python、Node.js、Go、Javaなどのプログラミング言語。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、15〜20のパフォーマンスベースのタスクで構成されています。
  • 受験者は試験を完了するのに2時間かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CKAD試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • コアコンセプト-13%
  • 構成-18%
  • マルチコンテナポッド– 10%
  • 可観測性– 18%
  • ポッドデザイン– 20%
  • サービスとネットワーク– 13%
  • 状態の持続性-8%

全文を表示 CKAドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux FoundationとCNCFは、CKAD試験の準備に役立つオンライントレーニングコースを提供しています。 Kubernetes for Developers (LFD259) CKADを作成および保守しているのと同じ組織から直接提供されているため、トレーニングは常に試験に最も関連するトピックをカバーしていることが保証されます。 

クラウドアプリケーションの開発の経験がまだない場合は、この認定または関連するトレーニングを行う前に、クラウドに関する基本的な知識とスキルを習得することが重要です。私たちはさまざまな クラウドとコンテナのトレーニングコース、などの多くの無料のものを含む Introduction to Cloud Infrastructure Technologies (LFS151) および Introduction to Kubernetes (LFS158) この知識の多くを提供します。

CKADの準備に役立つ他の無料コースには次のものがあります。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Linux FoundationやCNCFリソース以外にも、CKADの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

Certified Kubernetes Security Specialist (CKS)

本番環境がより分離されて機敏になるにつれて、環境全体を安全に保つことはより複雑になりました。この課題は、クラウドの採用が加速するにつれて、より深刻になるでしょう。さらに、2020年のオープンソースジョブレポートから、クラウドスキルとセキュリティスキルが採用決定にそれぞれ最大および3番目に大きな影響を及ぼし、これらのスキルの才能のギャップがさらに強調されていることがわかりました。

この認証について

CKSは、シミュレートされた実際の環境で、Kubernetesとクラウドセキュリティに関する受験者の知識をテストするパフォーマンスベースの認定試験です。受験者は、CKS試験を受験する前に、CKA試験を受験して合格している必要があります。 

対象者

ビルド、デプロイ、ランタイム中にコンテナベースのアプリケーションとKubernetesプラットフォームを保護するための幅広いベストプラクティスに関する能力を実証した、熟練したKubernetesプラクティショナー(CKA認定が必要)がCKSの主な対象者です。これは中級レベルの認定であり、経験および/または専門的なトレーニングを行うことをお勧めします。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • クラウドセキュリティスペシャリスト
  • Kubernetesエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • クラウドネットワーク管理者
  • クラウドアーキテクト
  • クラウドシステムエンジニア
  • クラウドセキュリティコンサルタント
  • サイバーセキュリティスペシャリスト
  • サイバーセキュリティ管理者
  • サイバーセキュリティエンジニア

この認定は何を証明できますか?

CKSを取得することで、コンテナベースのアプリケーションやKubernetesプラットフォームの構築、デプロイ、ランタイム時のセキュリティを確保する能力を持っていること、およびプロフェッショナルな環境でこれらのタスクを実行する資格があることを証明できます。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、15〜20のパフォーマンスベースのタスクで構成されています。
  • 受験者はCKS試験を完了するのに2時間かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CKS試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • クラスタのセットアップ – 10%
  • クラスタの強化 – 15%
  • システムの強化 – 15%
  • マイクロサービスの脆弱性を最小限に抑える – 20%
  • サプライチェーンのセキュリティ – 20%
  • モニタリング、ロギング、ランタイム セキュリティ – 20%

全文を表示 CKSドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

目標がCKSを取得することである場合に最初に覚えておくべきことは、CKAが前提条件であるということです。最初にそれを達成する前にCKS試験に座ることは許可されないので、まだそうしていない場合は、CKAセクションにジャンプする必要があります。すでにCKAを取得していると仮定すると、この試験に必要なクラウド、コンテナ、Kubernetesの知識はすでにありますが、セキュリティの問題に関するトレーニングが必要になる可能性があります。ザ・ Kubernetes Security Essentials(LFS260) Linux FoundationとCNCFのコースでは、セキュリティクラウドネイティブアプリケーションで成功するために必要な知識を提供し、CKS試験でテストされたトピックをカバーしています。 

CKSの準備に役立つ無料のコースには次のものがあります。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Linux FoundationやCNCFリソース以外にも、CKSの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

FinOps Certified Practitioner (FOCP)

FinOpsは、クラウドの変動支出モデルに財務説明責任をもたらし、分散したチームが速度、コスト、品質の間でビジネス上のトレードオフを行えるようにするという急速に成長している慣行です。あらゆる規模の組織でクラウドが急速に採用されているため、クラウドテクノロジーを使用することでプラスの費用便益を確実に達成するには、これらのトピックを調査することが不可欠です。 FOCPは、使用するクラウドプラットフォームに関係なく、クラウドの財務管理とコスト最適化のスキルを検証して紹介したい個人に最適です。

この認証について

FOCPは、監督されていないオンライン試験であり、完了するまでに最大60分かかる場合があります。 50の多肢選択問題が含まれ、質問テキストに示されているように複数の選択肢があるものもあり、FinOpsとその実践に関する基礎知識をテストします。 

対象者

この認定資格は、FinOpsの基本的な理解と、クラウド支出からビジネス価値を高めるためにどのように適用されるかを示したい上級専門家を対象としています。パブリッククラウドファースト戦略を実施している組織、またはパブリッククラウドの移行の最中の組織も大きなメリットがあります。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • FinOpsプラクティショナー
  • クラウド最適化のディレクター/マネージャー
  • プリンシパルシステムエンジニア
  • エンジニアリングディレクター/マネージャー
  • クラウドアーキテクト
  • ITファイナンス責任者
  • 財務部長/マネージャー
  • 技術調達マネージャー

この認定は何を証明できますか?

FOCPを保持している人は、FinOps、その原則、機能、および組織内のクラウドのコストと使用状況を管理するためのFinOpsライフサイクルをサポートおよび管理する方法についての深い理解をもたらします。 

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、50問の選択問題で構成されています。
  • 受験者は、FOCP試験を完了するのに60分かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

FOCP試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • クラウドへの挑戦– 8%
  • FinOpsとFinOpsの原則とは– 12%
  • FinOpsチームとモチベーション– 12%
  • FinOps機能– 28%
  • FinOpsライフサイクル– 30%
  • 用語とクラウド法案– 10%

全文を表示 FOCPドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

FinOps Foundationは、セルフペースと仮想インストラクター主導の両方を提供します トレーニングオプション FOCP試験の準備に助けが必要な人のために。登録する前に、クラウドコンピューティングの仕組みの基本を理解し、一般的な使用例を含むクラウドプロバイダーの主要なサービスを理解し、請求および価格設定モデルの基本を理解する必要があります。クラウドで実行することの基本的な価値提案を説明し、従量課金制の消費モデルを使用するというコアコンセプトを理解できるはずです。また、FinOpsを初めて使用する場合は、最初に無料で完了することをお勧めします。 Introduction to FinOps (LFS175) さらなる研究を追求する前に。 FinOpsの基本の多くを提供し、自習型のインストラクター主導のコースはより詳細で、FOCP試験の準備をします。

LinuxFoundationの無料 Introduction to Cloud Infrastructure Technologies (LFS151) 良い出発点です。また、3つの主要なパブリッククラウドプロバイダー(AWS、Azure、Google Cloud)の少なくとも1つに関する基本レベルの知識も必要です。 AWSの場合、お勧めします AWS BusinessProfessionalトレーニング または、さらに良いことに、 AWS CloudPractitioner認定。 Googleの場合は、 Google CloudPlatformの基礎 コース。 Azureの場合は、 AzureFundamentalsの学習パス

Certified Hyperledger Fabric Administrator (CHFA)

エンタープライズブロックチェーンは、LinkedInでさえも、最も急速に成長しているテクノロジー分野の1つです。 名前を付ける 2020年に最も需要の高いハードスキル。HyperledgerFabricは、モジュラーアーキテクチャを備えたアプリケーションまたはソリューションを開発するための基盤として意図された分散型台帳テクノロジーです。 CHFAを使用すると、受験者はコマンドラインを介してHyperledgerFabricネットワークを展開および運用する能力を実証できます。

この認証について

この2時間のHyperledger Fabric認定試験は、コマンドラインで解決される一連のパフォーマンスベースのタスク (問題) で構成される、オンライン形式のテストです。

対象者

CHFA認定は、商用展開用の安全なHyperledgerFabricネットワークを効果的に構築する能力を実証したいシステム管理者または開発者向けです。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • ブロックチェーンスペシャリスト
  • ブロックチェーン管理者
  • ブロックチェーンエンジニア
  • システム管理者

この認定は何を証明できますか?

CHFAは、商用展開用の安全なHyperledgerFabricネットワークを効果的に構築できるようになります。さらに、CHFAは、そのネットワーク上のノードをインストール、構成、操作、管理、およびトラブルシューティングできるようになります。パフォーマンスベースの試験に合格することは、時間の制約の下で挑戦的な現実世界のタスクを実行する候補者の能力を示しています。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、16〜26のパフォーマンスベースのタスクで構成されます。
  • 受験者は試験を完了するのに2時間かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CHFA試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • アプリケーションのライフサイクル管理 – 20%
  • ネットワークのインストールと構成-25%
  • 診断とトラブルシューティング – 15%
  • メンバーシップ サービス プロバイダー – 20%
  • ネットワークの保守と運用– 20%

全文を表示 CHFAドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux Foundationは、コンパニオンコースを提供しています。 Hyperledger Fabric Administration (LFS272)、Hyperledger Fabricネットワークトポロジ、チェーンコード操作、IDの管理、アクセス許可、コンポーネントロギングを構成する方法と場所などを十分に理解できます。コースで取り上げるトピックはCHFA試験に沿っており、合格の可能性が高くなります。 

その段階に入る前に、次のようないくつかの概念に精通している必要があります。

  • 基本的なLinuxシステム管理コマンドとナビゲーションの知識
  • bashの基礎知識
  • コンテナ化とDockerの強力な知識
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解
  • JavaScript、TypeScript、およびGoプログラミング言語の読解力
  • YAMLの理解

Linux Foundation Training&Certificationは、この認定を取得する前に、これらの概念とブロックチェーンの基本をブラッシュアップする必要がある場合に、関連する無料のコースを多数提供しています。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Hyperledgerはさまざまなものも提供しています リソース チュートリアル、ハウツービデオ、およびファブリック管理について学ぶのに役立つウェビナーを含みます。

Linux FoundationやHyperledgerのリソース以外にも、CHFAの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

認定Hyperledger Fabric開発者 (CHFD-JP)

注:ファブリックv2.2へのアップグレードを実施し、一部の試験予約を正しく採点する際に発生した問題に対処するために、CHFD試験の新しい試行のスケジュールを一時的に停止しました。試験のスケジュールを再開する目標は、2021年第1四半期の終わりです。

エンタープライズブロックチェーンは、LinkedInでさえも、最も急速に成長しているテクノロジー分野の1つです。 名前を付ける 2020年に最も需要の高いハードスキル。HyperledgerFabricは、モジュラーアーキテクチャを備えたアプリケーションまたはソリューションを開発するための基盤として意図された分散型台帳テクノロジーです。 CHFDを使用すると、候補者は、最新のファブリックプログラミングモデルを使用して、クライアントアプリケーションとスマートコントラクトを開発および保守するための知識を実証できます。

この認証について

この2時間の試験は、オンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストであり、Web IDEとコマンドラインで解決する一連のパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。

対象者

CHFDは、Fabricアプリケーションとスマートコントラクトをパッケージ化してデプロイし、エンドツーエンドのFabricアプリケーションのライフサイクルとスマートコントラクト管理を実行し、JavaまたはNode.jsでプログラムする(またはスマートコントラクトの場合はGo)能力を実証したい開発者向けです。もっと。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • ブロックチェーンスペシャリスト
  • ブロックチェーン開発者
  • ブロックチェーンエンジニア
  • 開発者
  • ソフトウェアアーキテクト

この認定は何を証明できますか?

CHFDは、最新のファブリックプログラミングモデルを使用して、クライアントアプリケーションとスマートコントラクトを開発および維持するための知識を実証する必要があります。

このような開発者は、以下も実行できる必要があります。

–ファブリックアプリケーションとスマートコントラクトをパッケージ化して展開し、エンドツーエンドのファブリックアプリケーションライフサイクルとスマートコントラクト管理を実行します

– JavaまたはNode.jsのプログラム(またはスマートコントラクトの場合はGo)

パフォーマンスベースの試験に合格することは、時間の制約の下で挑戦的な現実世界のタスクを実行する候補者の能力を示しています。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、Linuxを実行しているコマンドラインで解決されるパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
  • 試験は、16〜26のパフォーマンスベースのタスクで構成されます。
  • 受験者は試験を完了するのに2時間かかります。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CHFD試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • アイデンティティ管理-7%
  • ネットワーク設定-8%
  • スマートコントラクト開発– 40%
  • スマートコントラクトのInvocation– 25%
  • メンテナンスとテスト– 20%

全文を表示 CHFDドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux Foundationは、コンパニオンコースを提供しています。 Hyperledger Fabric for Developers (LFD272)、Golangでチェーンコードを実装してテストする方法、チェーンコードのライフサイクルを管理する方法、Hyperledger Fabricネットワークと対話するNode.jsクライアントアプリケーションを作成する方法、ユーザーIDに基づいて情報へのアクセスを制御する方法をよく理解しています。プライベートデータコレクションなどを設定して使用します。コースで取り上げられているトピックはCHFD試験に沿っており、合格の可能性が高くなります。 

その段階に入る前に、次のようないくつかの概念に精通している必要があります。

  • Hyperledger Fabricのアーキテクチャやコンポーネントの理解:台帳、チャネル、チェーンコード、ネットワーク ノード タイプ(Endorser、Committer、Ordererなど)、トランザクション フロー、認証局(CA)
  • GoLangとNodeJSの使用経験:
    • GoLangをインストールし、CLIからgoコマンドを実行する機能。基本的な言語構成の知識
    • NodeJSをインストールし、CLIからアプリケーションを実行する機能。基本的な言語構造の知識;パッケージ管理に精通している
  • Dockerの基本知識:
    • Dockerデーモンをインストールし、Dockerコンテナーをローカルで実行し、基本的なコマンドを理解して使用する機能
  • Linuxオペレーティング システムのコマンドライン/シェルの使用経験
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解

Linux Foundation Training&Certificationは、この認定を取得する前に、これらの概念とブロックチェーンの基本をブラッシュアップする必要がある場合に、関連する無料のコースを多数提供しています。

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

Hyperledgerはさまざまなものも提供しています リソース チュートリアル、ハウツービデオ、およびファブリック開発について学ぶのに役立つウェビナーを含みます。

Linux FoundationやHyperledgerのリソース以外にも、CHFDの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

OpenJS Node.js Application Developer (JSNAD)

Node.jsは、非常に人気のあるオープンソースのJavaScriptランタイムであり、Bloomberg、LinkedIn、Netflix、NASAなどのテクノロジー界の著名人によって使用されています。 JSNADは、Node.jsを使用してWebベースのアプリケーションを作成する際の受験者のスキルをテストおよび検証します。

この認証について

2時間の試験では、Node.jsのデバッグから非同期操作の管理、プロセスの制御までのスキルをテストします。経験豊富なNode.jsアプリケーション開発者が持つと予想される知識とスキルをテストします。この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要がある、オンラインの監督付きパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsが提供)は、この環境のエディターとして含まれています。試験には、実地のシナリオをシミュレートするタスクが含まれます。

対象者

JSNAD認定は、Node.jsの使用経験が2年以上あるNode.js開発者にとって理想的です。これは、Node.jsのコアAPIの知識に重点を置いて、Node.jsを使用してあらゆる種類のアプリケーションを作成する能力を実証しようとしている人を対象としています。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • アプリケーション開発者
  • 開発者
  • ウェブ開発者
  • Webアーキテクト
  • Webエンジニア
  • Node.jsスペシャリスト
  • Node.js開発者
  • Node.jsアーキテクト
  • Node.jsエンジニア
  • フルスタック開発者

この認定は何を証明できますか?

JSNAD認定は、実世界のタイプの環境でタスクを実行する能力を実証し、認定者がJavaScriptおよび関連テクノロジーに関する幅広いスキルを持っていることを雇用主に確信させます。パフォーマンスベースの試験に合格することは、時間の制約の下で挑戦的な現実世界のタスクを実行する候補者の能力を示しています。

試験のしくみ

  • この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要がある、オンラインの監督付きパフォーマンスベースのテストです。
  • 試験は、20〜25のパフォーマンスベースのタスクで構成されます。
  • 試験は完了するまでに2時間かかると予想されます
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。

JSNAD試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • バッファとストリーム– 11%
  • 制御フロー– 12%
  • 子プロセス– 8%
  • 診断– 6%
  • エラー処理– 8%
  • Node.js CLI – 4%
  • イベント– 11%
  • ファイルシステム– 8%
  • JavaScriptの前提条件– 7%
  • モジュールシステム– 7%
  • プロセス/オペレーティングシステム– 6%
  • Package.json – 6%
  • ユニットテスト– 6%

全文を表示 JSNADドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux Foundationは、コンパニオントレーニングコースを提供しています。 Node.js Application Development (LFW211)、幅広いユースケースをカバーし、選択したエコシステムライブラリでNode.jsコアAPIを使用するこのコースでは、JSNADの準備を完全に整えます。また、Node.jsを初めて使用する場合は、さらに調査を進める前に、まず無料のNode.jsの概要(LFW111、2021年2月中旬にリリース)を完了することをお勧めします。 

Node.jsコミュニティは、 ウェブサイト でさまざまな無料の学習リソースやガイドを提供しています。

Linux FoundationやOpenJS Foundationのリソース以外にも、JSNADの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニング プロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証できません)。

OpenJS Node.js Services Developer (JSNSD)

Node.jsは、非常に人気のあるオープンソースのJavaScriptランタイムであり、Bloomberg、LinkedIn、Netflix、NASAなどのテクノロジー界の著名人によって使用されています。 JSNSDは、セキュリティ慣行に特に重点を置いて、RESTful Node.jsサーバーおよびサービス(またはマイクロサービス)を作成する候補者のスキルをテストおよび検証します。

この認証について

2時間の試験では、サービス、サーバー、セキュリティの分野でのスキルをテストします。テストされる特定の知識とスキルは、経験豊富なNode.js開発者が期待するものです。試験はパフォーマンスベースであり、仕事上のシナリオをシミュレートする項目が含まれています。これは、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要がある、オンラインの監督されたパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsが提供)は、この環境のエディターとして含まれています。

対象者

JSNSDは、Node.jsを使用してRESTfulサーバーとサービスを作成した2年以上の経験を持つNode.js開発者向けです。これは、セキュリティ慣行に特に重点を置いて、RESTful Node.jsサーバーおよびサービス(またはマイクロサービス)を作成する能力を実証しようとしている人のために設計されています。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • サービス開発者
  • 開発者
  • ウェブ開発者
  • Webアーキテクト
  • Webエンジニア
  • Node.jsスペシャリスト
  • Node.js開発者
  • Node.jsアーキテクト
  • Node.jsエンジニア
  • フルスタック開発者

この認定は何を証明できますか?

JSNSD認定は、実世界のタイプの環境でタスクを実行する能力を実証し、認定者がJavaScriptおよび関連テクノロジーに関する幅広いスキルを持っていることを雇用主に確信させます。パフォーマンスベースの試験に合格することは、時間の制約の下で挑戦的な現実世界のタスクを実行する候補者の能力を示しています。

試験のしくみ

  • この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要がある、オンラインの監督付きパフォーマンスベースのテストです。
  • 試験は、5〜10のパフォーマンスベースのタスクで構成されます。
  • 試験は完了するまでに2時間かかると予想されます
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。

JSNSD試験の対象となるトピックとその重みは次のとおりです。 

  • サーバーとサービス– 70%
  • セキュリティ– 30%

全文を表示 JSNSDドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux Foundationは、コンパニオントレーニングコースを提供しています。 Node.js Services Development (LFW212)、ノードコアHTTPクライアントとサーバー、Webサーバー、RESTfulサービス、およびWebセキュリティの基本事項について詳しく説明し、JSNSDの準備をします。また、Node.jsを初めて使用する場合は、さらに調査を進める前に、まず無料のNode.jsの概要(LFW111、2021年2月中旬にリリース)を完了することをお勧めします。 Node.jsコミュニティは、 ウェブサイト でさまざまな無料の学習リソースやガイドを提供しています。

LinuxFoundationおよびOpenJSFoundationのリソース以外にも、JSNSDの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニングプロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証できません)。

Cloud Foundry Certified Developer (CFCD)

Cloud Foundryは、Kubernetes上でクラウドネイティブアプリケーションを配信するための非常に効率的で最新のモデルを提供します。このプラットフォームは、IBM、SAP、SUSE、VMwareなどの世界最大のテクノロジー企業の開発者によって開発者向けに構築されています。 CFCDは、CloudFoundryプラットフォームを使用してスキルセットを検証してアプリケーションをデプロイおよび管理したい候補者にとって理想的です。

この認証について

これはオンラインの監督付き試験であり、完了するまでに最大3時間かかる場合があります。この試験には、パフォーマンスベースのタスクと複数の選択肢の質問が含まれ、CloudFoundryと一般的なクラウドネイティブアーキテクチャの原則に関する実践的および概念的な知識について個々の開発者をテストします。

対象者

この認定は、Cloud Foundryを使用したアプリケーションのデプロイと管理を担当する経験豊富なCloud Foundry開発者を対象としています。

この認定を保持している人は、たとえば以下のような職種に就いています。

  • ソフトウェア開発者
  • ソフトウェアエンジニア
  • ソフトウェアアーキテクト
  • CloudFoundry管理者
  • CloudFoundry開発者
  • CloudFoundryエンジニア
  • Cloud Foundry Architect
  • クラウドエンジニア
  • クラウドアーキテクト
  • クラウドシステムエンジニア
  • クラウド開発者
  • クラウドサポートスペシャリスト
  • クラウドアプリケーションエンジニア
  • クラウドコンピューティングスペシャリスト
  • DevOpsクラウドアーキテクト

この認定は何を証明できますか?

認定Cloud Foundry開発者は、Cloud Foundryを使用してアプリケーションを展開および管理します。

試験のしくみ

  • 試験はオンラインで提供され、CLIを使用してCloud Foundry環境と対話する10のパフォーマンスベースのタスクと、10の多肢選択問題で構成されています。
  • 受験者はCFCD試験を完了するのに3時間かかります。
  • 試験を実行するには、提供されているブラウザーベースのターミナルでCloud Foundry CLIを使用する必要があり、試験を完了するためにCloud FoundryUIを使用しないでください。
  • 試験は、ストリーミング オーディオ、ビデオ、および画面共有フィードを介してリモートで監督されます。
  • 結果は、試験終了の36時間後にメールで送信されます。

CFCD試験の対象となるトピックは次のとおりです。 

  • アプリケーションのライフサイクル
  • アプリケーション管理
  • 基礎
  • プラットフォームのセキュリティ
  • ルーティング
  • サービス
  • トラブルシューティング

全文を表示 CFCDドメインとコンピテンシー.

どのように準備すればよいか

Linux Foundationは、コンパニオントレーニングコースを提供しています。 Cloud Foundry for Developers (LFD232)、Cloud Foundryを使用して、クラウドネイティブマイクロサービスソリューションを構築、デプロイ、管理する方法について説明します。このコースには、開発者が実践して学ぶことができるように広範なラボがあり、コースを完了すると、CFCD試験に合格する可能性が大幅に高まります。 

この認定資格を取得する前に、アクティブな開発者であり、コマンドラインツールの使用に慣れており、基本的なクラウドコンピューティングの概念に精通している必要があります。 Java / Spring、Node.js、Ruby、あるいはその両方に精通していることはプラスです。私たちの無料 Introduction to Cloud Foundry and Cloud Native Software Architecture (LFS132) このコースは、このコースの準備として役立ちます。また、Node.jsの概要(LFW111、2021年2月中旬にリリース)および Introduction to Cloud Infrastructure Technologies (LFS151)

これらの各コースは7週間無料で利用できますので、1コースずつ登録して完了することをお勧めします。そうすることで各コースの受講に充分な時間をかけることができます。

CloudFoundryはさまざまな ドキュメンテーション これは、プラットフォームに慣れるためにも役立ちます。

LinuxFoundationおよびCloudFoundryのリソース以外にも、CFCDの準備のためのコースを提供するサードパーティのトレーニングプロバイダーが多数あります(Linux Foundation Training&Certificationは、サードパーティのコースで提供される情報の有効性を保証または検証することはできません)。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。