Certified Hyperledger Fabric Developer (CHFD)

Certified Hyperledger Fabric Developer認定試験は、クライアント アプリケーションとスマートコントラクトを開発および保守する能力を証明します。

$300

登録

概要

認定Hyperledger Fabric Developer(CHFD)は、最新のFabricプログラミングモデルを使用して、クライアントアプリケーションとスマートコントラクトを開発および保守するための知識を実証する必要があります。

このような開発者は、Fabricアプリケーションとスマートコントラクトをパッケージ化してデプロイし、エンドツーエンドのFabricアプリケーションのライフサイクルやスマートコントラクトの管理およびプログラムをJavaまたはNode.js(スマートコントラクトならばGo)で実行できる必要があります。

この試験は、本来は2時間以内に完了するように開発されていますが、現在は導入期間中であるため、最長3時間まで使用できるように設定されています。

対象領域とコンピテンシー

Certified Hyperledger Fabric Developer認定は、次の分野を対象としています。

  • アイデンティティ管理-7%
  • ネットワーク設定-8%
  • スマートコントラクト開発– 40%
  • スマートコントラクトのInvocation– 25%
  • メンテナンスとテスト– 20%

もっと見る

CHFDの対象領域とコンピテンシーv1.0

 

アイデンティティ管理-7%

  • ウォレットをインスタンス化する
  • IDをウォレットにインポートする
  • ウォレットからIDを選択して管理する

ネットワーク設定-8%

  • 接続プロファイルを作成して使用する
  • インスタンス化してゲートウェイに接続する
  • アクセスネットワークと契約

スマートコントラクト開発– 40%

  • スマートコントラクトのクラス/コンストラクタの定義
  • トランザクション関数の定義
  • 入力と引数の検証とサニタイズ
  • 決定論的なロジック/コードを実装する
  • 単純な状態の対話(Get、Put、Delete)
  • 簡単なクエリを実行する
  • 複雑なクエリを作成する
  • キーと値のペアを使用してアセットを定義する
  • 潜在的にプライベートなデータを特定する
  • プライベートデータコレクションを組み込む
  • 属性ベースのアクセス制御を実装する
  • 元帳のステートの初期化
  • スマートコントラクトのインストールとインスタンス化

スマートコントラクトのInvocation– 25%

  • CLIを介してスマートコントラクトを呼び出す
  • 1つ以上のトランザクションを送信する
  • クエリなどのトランザクション関数を評価する
  • トランザクション履歴のクエリ
  • トランザクションクラスを使用してトランザクションを呼び出す(ステートフル)
  • アプリケーション契約を作成して発行する
  • チャネルベースのイベントを登録および処理します

メンテナンスとテスト– 20%

  • エラーおよび成功の応答を処理する
  • ログを特定して確認する
  • コントラクトの単体テスト
  • ポリシーの競合を診断およびエンドースする
  • 関数の非決定性を特定して修正する
  • トランザクションフローのトラブルシューティング

試験の詳細

この試験は、オンラインで試験官が監督する実技試験です。Web IDE(Webブラウザ上で動作する開発環境)とコマンドラインを使って回答する実技問題で構成されています。

ポリシーとリソース

受験者用ハンドブックや試験の手引きなどが用意されていますので、ご確認ください。

構成

試験の実施方法

オンライン

試験時間

2時間

認証の有効期間

3年

ソフトウェアのバージョン

Fabric v1.4

含まれているもの

  • 12か月の試験資格
  • 無料の再受験機会
  • PDF証明書とデジタルバッジ

経験レベル

中級

アドバイス

5人以上で受験するなら?
企業向けの団体割引を受ける>