認定

認定Kubernetes管理者(CKA)

ぜひご応募ください UDEMY30  チェックアウト時にクーポン欄に入力すると30%を節約できます。利用規約をご覧ください。 (こちら).

Certified Kubernetes Administrator (CKA) プログラムは、CKAがKubernetes管理者の責任を遂行するスキル、知識、および能力を備えていることを保証します。

試験シミュレーター! 学習者は、試験シミュレーターにアクセスして試験環境を体験できます。試験シミュレーターは Killer.shが提供しています。試験シミュレーションは 2 回試行できます (アクティベーションの開始から 1 回の試行につき 36 時間のアクセスが可能です)。シミュレーションには 20 ~ 25 の質問 (実際の試験とは異なり、すべての試行およびすべてのユーザーに対してまったく同じ問題) と採点されたシミュレーション結果が含まれます。

対象者

この認定は、Kubernetes管理者、クラウド管理者、およびKubernetesインスタンスを管理するその他のITプロフェッショナルを対象としています。
少なく読む 続きを読む
この認定について

認定Kubernetes管理者は、Kubernetesエコシステムの開発を支援するための継続的な取り組みの一環として、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって作成されました。試験はオンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストであり、Kubernetesを実行するコマンドラインから複数のタスクを解く必要があります。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

認定Kubernetes管理者は、基本的なインストールを実行できるだけでなく、本番環境レベルのKubernetesクラスタを構成および管理する機能を実証しました。また、Kubernetesのネットワーキング、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーションのライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクトプリミティブ、エンドユーザーの基本的なユースケースを確立する機能などの主要な概念を理解します。
少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
ストレージ10%
ストレージクラス、永続ボリュームを理解する
ボリューム モード、アクセス モード、およびボリュームの再利用ポリシーを理解する
永続ボリューム要求プリミティブを理解する
永続ストレージを使用したアプリケーションの構成方法を知る
トラブルシューティング30%
クラスタとノードのロギングを評価する
アプリケーションの監視方法を理解する
コンテナの標準出力と標準エラー ログを管理する
アプリケーションの障害のトラブルシューティングを行う
クラスタ コンポーネントの障害のトラブルシューティング
ネットワークのトラブルシューティングを行う
ワークロードとスケジューリング15%
デプロイメント、およびローリング アップデートとロールバックの実行方法を理解する
ConfigMapとSecretを使用してアプリケーションを構成する
アプリケーションのスケーリング方法を知る
堅牢な自己修復アプリケーション デプロイメントの作成に使われるプリミティブを理解する
リソース リミットがPodスケジューリングにどのように影響するかを理解する
マニフェスト管理と一般的なテンプレートツールの認識
クラスタのアーキテクチャ、インストール、構成25%
ロール ベース アクセス コントロール(RBAC)を管理する
Kubeadmを使用して基本的なクラスタをインストールする
高可用性Kubernetesクラスターを管理する
Kubernetesクラスタをデプロイするためのインフラをプロビジョニングする
Kubeadmを使用してKubernetesクラスタでバージョン アップグレードを実行する
etcdのバックアップと復元を実装する
サービスとネットワーキング20%
クラスタ ノードのホスト ネットワーク構成を理解する
Pod間の接続を理解する
ClusterIP、NodePort、LoadBalancerサービス タイプとエンドポイントを理解する
IngressコントローラーとIngressリソースの使用方法を理解する
CoreDNSの構成方法と使用方法を理解する
適切なコンテナ ネットワーク インターフェイス プラグインを選択する

試験の詳細とリソース
この試験はオンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストであり、Kubernetesを実行するコマンドラインから複数のタスクを解く必要があります。

受験者の持ち時間は2時間です。

Certified Kubernetes Administrator (CKA) 試験の登録者は、 Killer.sh が提供する試験シミュレーターを登録ごとに 2 回利用できます。

試験はKubernetes v1.30に基づいています
CKA試験環境は、K8sのリリース日から約4〜8週間以内に、最新のK8sマイナーバージョンに合わせて調整されます。

前提条件
この試験の前提条件はありません。
レビュー
2022年7月
この試験の実践的な経験は、私が受けた他のどの認定よりも受験者のスキルがよくわかります。何百もの設定や落とし穴を覚える代わりに、ソリューションの実装に到達する能力に焦点を当てています。すべての認定がこの方法で行われることを望みます。
2022年7月
Kubernetesの基礎をよくカバーしていました。私は間違いなくKubernetesに自信を持つことができ、これらのスキルを積極的に検証する方法は、この試験について100%正しい方法だと思います。もし前述のコメントが試験を難しくしていると感じられるのであれば、私は喜んで受け入れ、すぐにAdvanced Kubernetes Ecosystem試験に申し込むと思います。
2022年4月
質問を始める前に入力する必要のあるすべての重要なコマンドが適切に強調表示されているという事実が気に入りました。さらに、強調表示された単語/コマンドごとにコピーボタンがあり、端末に簡単にコピーできます。これにより、受験者の生活が非常に簡単になります。ありがとうございました!