認定 > ネットワーク >認定ONAPプロフェッショナル(COP)
認定試験

Certified ONAP Professional (COP) 近日公開

Certified ONAP Professional (COP) は、Open Network Automation Platform (ONAP) を使用してサービスを設計および実行します。
近日公開。

対象者

この資格は、特に5Gやエッジコンピューティングの成長を考慮して、ネットワークや次世代サービスの開発、展開、スケール アップを行うサービス プロバイダーや企業のエンジニアを対象としています。
この試験では、基盤となるクラウド プラットフォーム(KubernetesやOpenStackなど)の基本的な理解と、モデリング言語(HeatやTOSCAなど)の最小限の知識が求められます。
続きを読む 続きを読む
この認証について

これはオンラインで監督される試験であり、試験時間は最大2時間です。試験は実技試験で、実務シナリオをシミュレートした項目が含まれています。
続きを読む 続きを読む
証明されるスキル

COP資格保持者は、仮想ネットワーク機能(VNF)のオンボード、ネットワーク サービスの設計と展開、VNFの設定ができることが証明されます。また、クローズドループ設計とランタイム動作の観点から、クローズドループ自動化について基本的に理解しています。ネットワーク サービスやクローズドループの問題を発見するための初歩的なトラブルシューティング能力もあります。
続きを読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
サービス設計20%
ONAPの構成(例:ユーザーの作成、CLIとGUIの両方を使用した特権の割り当て)
特定のライセンスアプローチを満たすベンダーライセンスモデル(VLM)を作成する
VNFパッケージを検査し、主要なパラメーターを理解する
VNFのオンボード
i)ローカルマシンとVNFマーケットプレイスから新しいベンダーソフトウェア製品(VSP)を作成する
ii)VSPのインポート
iii)テストのためにVSPを提出する
ネットワークサービス(NS)を作成し、TOSCAネットワークサービスモデルを検査し、配布のために送信する
HPA / OOFポリシーの検査と変更
サービスの展開25%
UUIを介してVF-CにESTI NFV準拠のVNF / NSパッケージを搭載
Network Serviceが正常に配布され、展開の準備ができていることを検証および確認します
VNFプロファイルをSDNCに追加し、プロファイルをプリロードします
ホーミングおよび配置ポリシーを作成し、VNFに関連付けます
ネットワークサービスインスタンスを作成する
VNFへのAPP-Cインターフェイスのマウント
サービスLCM15%
CDTを使用してVNF構成テンプレートを設計する
以下を含む、APP-Cに対してREST APIまたはCLIを介してLCMコマンドを実行します。
-スケールVNF
- 変更管理
-VNFの開始/停止
- 健康診断
-再起動
-ボリュームをアタッチ
トラブルシューティング20%
Kubernetes(k8s)/ OpenStackプラットフォームのヘルスチェックを実行する
ONAP k8s PODヘルスチェック、メモリ使用量、ログを確認する
VMフレーバーを検査してOpenStackのHPA機能を確認する
VNFの障害についてOpenStackを確認する
VNFログとステータスにアクセスして確認する
ダッシュボードを介したDMAAPイベントの監査
SOワークフロー実行の監査
POMBAを使用して監査を実施する
A&AIを介したサービストポロジ検証の実施
閉ループチェックを実施する
クローズドループオートメーション20%
CLAMP消費用のマイクロサービスを使用してDCAEテンプレートを作成します
ネットワークサービス/リソースの動作を管理するためのポリシーを定義します(クローズドループアクションを呼び出すためのアクター/レシピポリシー)
ネットワークサービスのポリシーを展開および検証する
対応するイベントの受信時に特定の閉ループアクションが実行されるようにします
CLAMPを使用してクローズドループの構成と展開を実行する

試験の詳細とリソース
これはオンラインの監督付き試験です。
試験のためにプロビジョニングされた環境には、限定的なONAP導入をサポートするためのリモートデスクトップLinux環境とネストした仮想化インフラストラクチャが含まれています。