OpenJS Node.js Application Developer (JSNAD)

OpenJS Node.jsアプリケーション開発者認定は、Node.jsの使用経験が2年以上のNode.js開発者にとって理想的です。

概要

OpenJS Node.js Application Developer認定は、Node.jsコアAPIの知識に焦点を当てて、あらゆる種類のアプリケーションを作成するNode.jsの能力を実証したい人向けに設計されています。

対象領域とコンピテンシー

バッファとストリーム– 11%
制御フロー-12%
子プロセス– 8%
診断– 6%
エラー処理-8%
Node.js CLI – 4%
イベント– 11%
ファイルシステム– 8%
JavaScriptの前提条件-7%
モジュールシステム-7%
プロセス/オペレーティングシステム– 6%
Package.json – 6%
単体テスト– 6%

詳細を表示

JSNADドメインとコンピテンシー

  • バッファとストリーム– 11%
    • Node.jsバッファーAPI
    • 増分処理
    • データの変換
    • ストリームの接続
  • 制御フロー-12%
    • 非同期操作の管理
    • 制御フローの抽象化
  • 子プロセス– 8%
    • 子プロセスの生成または実行
    • 子プロセスの構成
  • 診断– 6%
    • Node.jsのデバッグ
    • 基本的なパフォーマンス分析
  • エラー処理-8%
    • 一般的なパターン
    • さまざまなシナリオでのエラーの処理
  • Node.js CLI – 4%
    • ノード実行可能コマンドラインフラグ
  • イベント– 11%
    • イベントシステム
    • イベントエミッターの構築
    • イベントエミッターの使用
  • ファイルシステム– 8%
    • 入出力
    • 見て
  • JavaScriptの前提条件-7%
    • 言語の基礎
    • EcmaScript 1以降に導入され、現在も頻繁に使用されているコア言語機能を対象としています
  • モジュールシステム-7%
    • CommonJSモジュールシステムのみ
  • プロセス/オペレーティングシステム– 6%
    • プロセスを制御する
    • システムデータの取得
  • Package.json – 6%
    • パッケージ構成
    • 依存関係管理
  • 単体テスト– 6%
    • アサーションを使用する
    • 同期コードのテスト
    • 非同期コードのテスト

セット料金のご案内

トレーニングと試験を組み合わせると、100ドル割引になります

$499

購入

試験の詳細

この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要があるオンラインの監督付きのパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsのスポンサー)は、この環境のエディターとして含まれています。

試験には、実地シナリオをシミュレートするタスクが含まれます。 候補者はタスクを完了するのに2時間あります

ポリシーとリソース

受験者用ハンドブックや試験の手引きなどが用意されていますので、ご確認ください。

構成

試験の実施方法

オンライン

試験時間

2時間

認定の有効期間

3年

ソフトウェアのバージョン

NodeJSバージョン12 LTS

含まれているもの

  • 12か月の試験資格
  • 無料の再受験(1回)
  • PDFの認定証とデジタル バッジ

経験レベル

中級

アドバイス

5人以上で受験するなら?
団体見積もりのご案内>