認定 > システム管理 > Linux Foundation認定システム管理者 (LFCS)
認定

Linux Foundation Certified System Administrator (LFCS)

Linux Foundation認定システム管理者 (LFCS) 試験は、Linuxシステム管理のスキルセットを保有していることを証明したい方に最適の試験です。

ご注意ください: 2022年11月下旬に予定されているLFCSのプログラム変更のお知らせです。 こちらで 最新情報をご確認ください。

対象者

LFCSは、Linuxシステム管理またはオープンソースのキャリアの初期の候補者に最適です。候補者はLinuxシステム管理のトレーニングを完了している必要があります。
少なく読む 続きを読む
この認定について

LFCSは、Linux管理の人材に対する需要の高まりに応えるために、Linux Foundationによって開発されました。試験は、実際のシステム管理者が直面する実務タスクとシナリオをシミュレートするパフォーマンスベースの項目で構成されます。受験者は、Ubuntu 18またはCentOS 7を選択できます。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

認定を受けたLinuxシステム管理者は、システムの設計、インストール、構成、および管理に精通しています。

ネットワーキング、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーションのライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクトプリミティブ、およびエンドユーザーの基本的なユースケースを確立する機能などの主要な概念を理解します。

少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
基本コマンド 25%
ローカルやリモートでグラフィカルモードおよびテキストモードのコンソールにログインする
ファイルを検索する
基本的なファイルシステムの機能とオプションを評価および比較する
ファイルの内容を比較して操作する
入出力リダイレクトを使用する(>、>>、|、2> など)
基本的な正規表現を使用してテキストを分析する
ファイルをアーカイブ、バックアップ、圧縮、展開、および解凍する
ファイルとやディレクトリを作成、削除、コピー、および移動する
ハードリンクとソフトリンクを作成および管理する
標準ファイル パーミッションの一覧表示、設定、および変更を行う
システム ドキュメントを読み込んで使用する
ルート アカウントへのアクセスを管理する
ランニングシステムの運用 20%
システムを安全に起動、再起動、およびシャットダウンする
システムを異なるオペレーティング モードで起動する、またはモードを変更する
ブートローダーをインストール、設定、トラブルシュートする
プロセスを診断および管理する
システムログファイルを見つけて分析する
指定の日時にタスクが実行されるようにスケジュールする
スケジュールされたジョブの完了を確認する
必要な機能とセキュリティが提供されるようにソフトウェアを更新する
リソースの整合性と可用性を検証する
主要プロセスの整合性と可用性を検証する
永続的および非永続的なカーネルランタイムパラメータを変更する
スクリプトを使用してシステムメンテナンスタスクを自動化する
スタートアップ プロセス&サービスを管理する(サービスの設定で)
SELinux/AppArmor のファイルおよびプロセス コンテキストを一覧表示および識別する
ソフトウェアを管理する
ファイルが属しているLinuxディストリビューションのコンポーネントを特定する
ユーザーとグループの管理 10%
ローカル ユーザー アカウントを作成、削除、変更する
ローカルグループとグループメンバーシップを作成、削除、変更する
システム全体の環境プロファイルを管理する
テンプレートのユーザー環境を管理する
ユーザーのリソース制限を設定する
ユーザー特権を管理する
PAMを設定する
ネットワーク 12%
ネットワークおよびホスト名の解決を静的または動的に設定する
起動時にネットワークサービスが自動的に開始されるように設定する
パケットフィルタリングを実装する
ネットワーク サービスの開始、停止、およびステータス チェックを行う
IPトラフィックを静的にルーティングする
他のネットワークピアを使用して時刻を同期する
サービスの設定20%
キャッシュDNSサーバーを設定する
DNSゾーンをメンテナンスする
eメール エイリアスを設定する
SSHサーバーとクライアントを設定する
HTTPプロキシサーバーへのアクセスを制限する
IMAPおよびIMAPSサービスを設定する
さまざまな動作モードでシステム サービスの動作のクエリと変更を行う
HTTPサーバーを設定する
HTTPサーバーのログファイルを設定する
データベース サーバーを設定する
Webページへのアクセスを制限する
コンテナを管理および設定する
仮想マシンを管理および設定する
ストレージ管理 13%
物理ストレージ パーティションを一覧表示、作成、削除、および変更する
LVMストレージを管理および設定する
暗号化されたストレージを作成および設定する
起動時または起動中にファイルシステムをマウントするようにシステムを構成する
スワップ スペースを設定および管理する
RAIDデバイスを作成および管理する
オンデマンドでファイルシステムをマウントするようにシステムを設定する
高度なファイルシステム権限を作成、管理、診断する
ファイルシステムのユーザーとグループのディスククォータを設定する
ファイルシステムを作成および設定する

Linux Foundationは、業界の専門家やプロジェクトのコミュニティと協力して、コアドメインと、各認定に適用できる重要なスキル、知識、能力を特定しました。次に、特定されたコンピテンシーに基づいて、パフォーマンスベースの試験が開発されました。
試験の詳細とリソース
この試験は、Linuxを実行するコマンドラインから複数の問題を解決する必要がある、オンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストです。受験者の持ち時間は2時間です。以下のLinux Foundation認定ポリシーとFAQを確認してください。
前提条件
この試験の前提条件はありません。
レビュー
2022年7月
試験を書いた人々が不必要なことをしようとしたり、Linux コミュニティで問題になる可能性のある難解な知識を見せびらかしたりしようとしているかのように、難しいことは何もありませんでした。学習し、すべてのドメインのコンテンツに最初に接触したことがある場合、コマンドと関連するフラグを知っている場合 (またはそれらを見つける場所を知っている場合)、独立した操作を行ったことがある場合は、問題ありません。
2022年7月
ハンズオン! CLI 引数を暗記する必要がある多肢選択式試験よりもはるかに優れています。ハンズオン試験では、日常的に使用するツールやマニュアル ページなどを実際に使用できます。
2022年4月
無料の再受験ができるのは嬉しかったです。いくつかのトピックを復習できただけでなく、2時間がどれほど早く過ぎ去るかを過小評価していたこともわかり、2度目はその点を克服できましたし、試験のフォーマットや、全体的に何が期待されているかがわかっていたので、かなり不安が解消されました。
2021年2月
質問の仕方がよかったです。質問の仕方に戸惑うことはありませんでした。