サンプルの章:Linuxセキュリティの基礎

サンプルの章:Linuxセキュリティの基礎

脅威とリスク評価は、 Linux Security Fundamentals (LFS216)、The Linux Foundationの自習型オンラインコース。

このサンプルの章では、企業環境におけるセキュリティの必要性を評価する方法について説明します。さまざまなクラスの攻撃者と攻撃の種類、および攻撃の可能性、資産価値、ビジネスへの影響など、セキュリティのトレードオフを比較検討する方法について学びます。以降の章では、ほぼすべてのシステムに影響を与える可能性のあるセキュリティの課題について包括的に説明します。
このサンプルの章には以下が含まれます。

  • コースの15ページのセキュリティコンセプト
  • 3つのサンプルテスト質問
  • 最も有用なセキュリティツールに関する2つのラボ

マネージャーから実装技術者および開発者に至るまで、あらゆるレベルのセキュリティ関連タスクに関与する人は誰でも、このクラスから追加の専門知識を獲得します。 LFS216コースでセキュリティスキルを強化して、悪意のあるハッカーの一歩先を行きましょう。

この無料の出版物にすぐにアクセスするには、以下のフォームに記入してください。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。