トレーニング > 組み込み > RISC-VおよびFreeRTOS(LFD112x)を使用したアプリケーションの構築
トレーニングコース

RISC-VおよびFreeRTOS(LFD112x)を使用したアプリケーションの構築

このコースは、リアルタイムアプリケーション用のRTOS機能を備えた組み込みシステムを構築するために必要なスキルを提供するように設計されています。

対象者

このコースは、RISC-Vおよびリアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)に関心のある方を対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

学習者は、組み込みシステム、RISC-V、およびFreeRTOSリアルタイムオペレーティングシステムの概要を学びます。このコースでは、リアルタイムアプリケーション用にRISC-VプロセッサをFreeRTOSと統合するために必要なスキルも学び、さまざまな組み込みアプリケーション用にオープンソースプロセッサとRTOSシステムを使用する方法について学生をトレーニングします。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

完了すると、参加者はRTOS機能を備えた組み込みシステムを構築するキャリアを強化するスキルを身に付けることができます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章RTOSと組み込みシステムの概要
第2章FreeRTOS
第3章FreeRTOSを別のソフトウェアまたはハードウェアプラットフォームに移植する
第4章RISC-Vプロセッサ
第5章FreeRTOSのRISC-Vプロセッサーへの移植
第6章FreeRTOSとRISC-Vを使用したアプリケーション構築
最終試験(確認済みトラックのみ)

前提条件
知識の前提条件:

  • 登録する前に、学生はCプログラムのコンパイルと実行について十分に理解している必要があります。また、組み込みシステムとプロセッサの基本的な知識も必要です。

システム 前提条件:

  • Windows 10+MingWまたはCYGWINまたはLinuxOSまたはWindows+Virtual Box(Linux)。