Cloud Foundry for Developers (LFD232)

世界中のビジネスには、より熟練した開発者が必要です。 Cloud Foundryのトレーニングと認定資格でクラウドネイティブスキルを更新して、世界クラスのアプリを提供します。このコースでは、Cloud Foundryを使用してクラウドネイティブマイクロサービスソリューションを構築、展開、管理する方法を学びます。取り上げられているトピックは、Cloud Foundry認定デベロッパー試験でテストされた知識ドメインに直接沿っており、学生の認定資格を大幅に向上させます。

$299 申し込む 見積もりを取得

コースの概要

このコースは、すべてのCloud Foundry認定プラットフォームディストリビューションで、価値のある市場性のあるスキルセットを開発者に提供するように設計されています。 Cloud Foundryを使用して、クラウドネイティブマイクロサービスソリューションを構築、展開、管理する方法を学習します。このコースには広範にわたるラボがあり、開発者は実践的に学習できます。

もっと見る

いくつかの焦点領域が含まれます:

  • Cloud Foundryアーキテクチャ:主要なコンポーネントとは何ですか?開発者をサポートするためにどのように組み合わせるのですか?
  • アプリケーションとサービス:アプリケーションの展開、スケーリング、管理のベストプラクティスは何ですか? Cloud Foundryアプリケーションはどのようにサービスを利用可能にし、使用しますか?
  • クラウドネイティブ設計:Cloud Foundryはどのようにマイクロサービスの作成を可能にし、12要因のアプリケーション設計原則をサポートしますか?
  • トラブルシューティングとデバッグ:Cloud Foundryの機能を使用して、アプリケーションと環境設定の問題を診断および修正します。

コースをどれだけ早く完了するかに関係なく、購入日から1年間コースにアクセスできます。 コースの完了には40〜50時間かかることが予想されます(ただし、コースは自分のペースで進められるため、好きなだけ早くまたはゆっくりと移動できます)。

セット料金のご案内

トレーニングと試験を組み合わせると、100ドル割引になります*
(* -JPのコース&試験セットは準備中です)

$499

購入

おもなテーマ

第1章 コース紹介
第2章CFモチベーター
第3章基本的な定義
第4章技術概要
第5章コアテーマ
第6章ロギングとメトリック
第7章弾力性
第8章サービス
第9章12要素アプリケーション
第10章ログドレインレビュー
第11章ルートの操作
第12章アプリ実行とセキュリティグループ
第13章ステージングと実行
第14章マイクロサービス
第15章ルートサービス
第16章Docker
第17章TCPルーティング
第18章UAAおよびOAuth2
第19章カスケード障害
第20章分散トレース
第21章アプリケーションのライフサイクル
第22章非破壊的な変更

前提知識

アクティブな開発者であり、コマンドラインツールを使いやすく、クラウドコンピューティングの基本概念に精通している必要があります。 Java / Spring、Node.js、Rubyに精通していることはプラスです。無料の紹介 LFS132クラウドファウンドリとクラウドネイティブソフトウェアアーキテクチャ コースを受講しておくとよいでしょう。

コメント

この章で説明した概念を内部化するのに役立つラボと演習が好きだった」 2019年5月

 

ラボガイドからコピーして貼り付けるのではなく、自分で物事を行うことを奨励しました」 2019年2月

 

このコースは適切に構成されており、私が取り上げたいと思っていたほとんどの問題に対処します。ラボは非常に良質です」 2019年1月

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 50時間の教材
  • 演習と課題
  • ビデオ コンテンツ
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • デジタルバッジ
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   初級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
企業向けの団体割引を受ける>