DevOps Bootcamp

DevOpsは、2021年のジョブレポートによると、オープンソースを扱う技術専門家の88%によって使用されています。このプログラムは、DevOpsの原則と実践(DevSecOpsとGitOpsを含む)をさまざまなテクノロジーの役割でわずか6か月で利用するための知識とスキルを提供します。今日から新しいキャリアを始めましょう。

$750
$800のバンドル節約

詳細情報

なぜブートキャンプ?

わずか6か月で、最新のソフトウェア開発に不可欠なDevOpsプラクティスの使用方法を学びます
DevOpsとソフトウェア開発の専門家であるインストラクターとライブで対話する
エキスパートからのアドバイスを受けて、自分にあったペースを設定しましょう
ベンダーに中立なアプローチを利用して、あらゆるソフトウェア環境に適用できるスキルを学びます
最も重要なDevOpsツールとプロジェクトを監督するContinuousDeliveryFoundationのホストから学びます
DevOpsエンジニアからソフトウェア開発者、IT運用マネージャーなど、収益性の高いキャリアパスを追求する

スタディ プラン

ブートキャンプに含まれるコース

受講者は自分のペースで学習でき、インタラクティブなフォーラムやインストラクターとのライブ ビデオチャットを通じてサポートを受けることもできます。

関連オープンソース プロジェクトのリーダーであるLinux Foundationのエキスパートがコース内容を手がけ、受講生に無理のないペースを提案しています。

含まれるトレーニングは、DevOpsとサイト信頼性エンジニアリングの概要から始まり、Jenkinsなどの特定のDevOpsツールセットに移り、GitOpsとDevSecOpsの原則と実践を含むより高度なトピックで終わります。

1-5週目
DevOpsとSREの基礎:継続的デリバリーの実装 (LFS261)

このコースでは、継続的インテグレーション(CI)や継続的デリバリー(CD)などの最新の手法を使用して、自信を持って俊敏性と高い信頼性を備えたソフトウェアを展開するスキルを学びます。

6〜9週目
JenkinsEssentials (LFS267)

このコースでは、Jenkinsのさまざまなユーザビリティと管理面について説明し、コンテナ化されたインストール、Kubernetesクラスタでの分散ビルド、高度なセキュリティ機能、マルチブランチパイプライン、Jenkinsの概念を使用したGitOpsについて理解します。

10〜13週目
JenkinsXを使用したCI / CD (LFS268)

このコースでは、CI / CDのオープンソースツールであるJenkinsXについて説明し、Jenkins Xの構成要素と、JenkinsXを使用してパイプラインをコードワークフローとして作成する方法をしっかりと理解します。

14〜18週目
GitOps: Continuous Delivery on Kubernetes with Flux (LFS269)

GitOps(開発者が従来は運用担当者に任されていたタスクを実行できるようにする一連のプラクティス)をFlux CDで実装することにより、Kubernetesのデプロイを自動化する技術を習得します。

週19-24
DevSecOpsの実装 (LFS262)

既存のDevOpsプラクティスの拡張であるDevSecOpsプラクティスは、セキュリティの自動化と、継続的デリバリー、コードとしてのインフラストラクチャ、可観測性などのプロセスの一部としてのセキュリティの組み込みに重点を置いています。オープンソースソフトウェアを使用して、DevSecOpsプラクティスをソフトウェア配信パイプラインに実装する方法を学びます。

ブートキャンプのしくみ

セルフペース

セルフペース

週に10〜15時間、6か月

週に10〜15時間、6か月

毎日:ライブインストラクターの対応(就業時間内)

広範なハンズオンラボと課題

オンライン コースへの12か月間アクセス

専用のディスカッション フォーラム

専任メンターへのアクセス

PDFの認定証とデジタル バッジ

3日間の返金保証

認定されたDevOpsバッジ

Bootcamp全体を完了すると、検証可能で尊敬されるバッジを獲得できます。