DevOps for Network Engineers (LFS266)

このコースは、ネットワークエンジニアにDevOpsプラクティスの適用を開始し、DevOpsサイクルでの役割を学び、DevOps環境に専門知識を統合するために必要なスキルを提供するように設計されています。

$299 申し込む 見積もりを取得

コースの概要

開発と運用の間の境界線はなくなりつつあり、組織はアジャイルの原則を採用するため、双方が何らかの共通基盤に適応することを学んでいます。ネットワークの自動化はデータセンターの標準になりつつあり、ネットワークエンジニアにとって大きな意味があります。これらは、接続性、ネットワークパフォーマンスチューニング、セキュリティ、およびネットワークの専門知識を必要とするネットワーク管理の他の多くの分野に貢献しています。このコースは、DevOps /アジャイルプロセスを支援するために必要なDevOpsツールに慣れるのに役立ちます。

もっと見る

学習内容

  • DevOps /アジャイル環境に統合する方法
  • 一般的に使用されるDevOpsツール
  • DevOpsチームがプロジェクトで協力する方法
  • バージョン管理でソフトウェアと構成ファイルを自信を持って操作する方法
  • SCRUMチームメンバーの役割を認識する方法
  • 組織にアジャイルの原則を自信を持って適用する方法
  • その他

おもなテーマ

第1章 コース紹介
第2章最新のプロジェクト管理
第3章DevOpsプロセス:ネットワークエンジニアの視点
第4章Mininetを使用したネットワークシミュレーションとテスト
第5章OpenFlowとONOS
第6章コードとしてのインフラストラクチャ(Ansible Basics)
第7章バージョン管理(Git)
第8章継続的インテグレーションと継続的デリバリー(Jenkins)
第9章DevOpsでGerritを使用する
第10章DevOpsのJenkins、Gerrit、およびコードレビュー
第11章DevOpsプロセスとツール(レビュー)

前提知識

  • Linuxシステム管理に関する知識
  • シェルスクリプトの知識
  • Pythonの知識

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 25〜30時間のコース教材
  • 演習と課題
  • 動画コンテンツなし
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • デジタルバッジ
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   中級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
企業向けの団体割引を受ける>