トレーニング > オープンソースのベストプラクティス > Fundamentals of Professional Open Source Management (LFC110)
トレーニングコース

Fundamentals of Professional Open Source Management (LFC110)

この無料コースでは、オープンソースソフトウェア管理のベストプラクティスについて学際的な概要を学んでください。

対象者

このコースは、運用および法務の幹部、ソフトウェア開発マネージャー、オープンソースプログラムマネージャー、ソフトウェアアーキテクト、開発者とメンテナー、オープンソース製品の製品マネージャー、または重要なオープンを含む専有製品を含む、オープンソース管理に関係し、関与するすべての人を対象としています。ソース。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースは、オープンソースソフトウェアとオープンソース管理の基本、オープンソース管理戦略、オープンソースポリシー、オープンソースプロセス、オープンソース管理プログラムの実装など、プロフェッショナルオープンソース管理プログラムの開発の主要なフェーズを中心に構成されています。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

ほとんどの環境でオープンソースソフトウェアの使用を管理するには、経営幹部、法務チーム、ソフトウェアアーキテクチャ、ソフトウェア開発、ソフトウェアメンテナンス、製品管理の参加が必要です。実際、オープンソース管理における最も重要な課題の1つは、これらの機能のすべてを非常に異なる視点で統合し、一貫した(そして効率的な)一連のプラクティスに統合することです。このコースでは、他の役割の主要な側面を理解するために、各役割の個人を準備します。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
すべて展開
すべて折りたたむ
第1章プロのオープンソース管理の基礎
1.1。オープンソースソフトウェアの基本
1.2。プロフェッショナルなオープンソース管理
第2章プロのオープンソース管理戦略
2.1。プロフェッショナルなオープンソース管理戦略
第3章プロフェッショナルなオープンソース管理ポリシーの開発
第4章プロのオープンソース管理プロセス開発
4.1プロのオープンソース管理プロセス開発
4.2。オープンソースのソフトウェア管理プロセスの例
第5章OSS管理実装計画
5.1。 OSS管理の実装計画

前提条件
このコースは、オープンソース製品または重要なオープン製品を含むプロプライエタリ製品の運用および法務幹部、ソフトウェア開発マネージャー、オープンソースプログラムマネージャー、ソフトウェアアーキテクト、開発者およびメンテナーおよび製品マネージャーを含む、オープンソース管理に関与し、関与するすべての人向けに設計されていますソース。これらすべての参加者にとってアクセスしやすく、関連性のあるレベルで概念を提示するためにあらゆる努力を払ってきました。
レビュー
2021年9月
意味のある順序で配置された徹底的で具体的なベストプラクティスと、プロセスフローチャートが含まれていることが気に入りました。
2021年5月
このコースは、ステップバイステップガイドで、よく説明された、聞いたことのない優れた実践方法の紹介です。
2021年2月
私の会社ではかなり良いOSS戦略が確立されているので、このコースでこれのさまざまな側面が言及されているのを見て良かったです。また、通常はわかりやすく、上記のテキストを「覚えやすい」方法で要約しているため、図も非常に気に入りました。