トレーニング > ブロックチェーン > Hyperledger Fabric Administration (LFS272) + CHFA試験バンドル
コース+認定バンドル

Hyperledger Fabric Administration (LFS272) + CHFA試験バンドル

対象者

CHFAは、商用展開用の安全なHyperledger Fabricネットワークを効果的に構築する能力を実証したいシステム管理者または開発者向けです。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Hyperledger Fabricネットワークの理解と、チェーンコードの管理と対話、ピアの管理、基本的なCAレベルの機能の操作方法について学びます。完了すると、Hyperledger Fabricのネットワークトポロジ、チェーンコードの操作、IDの管理、アクセス許可、コンポーネントのログを構成する方法と場所などを十分に理解できます。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

CHFAは、商用展開用の安全なHyperledger Fabricネットワークを効果的に構築できます。さらに、CHFAは、そのネットワーク上のノードのインストール、構成、操作、管理、およびトラブルシューティングを行うことができます。パフォーマンスベースの試験に合格すると、受験者が時間の制約の下で挑戦的な実世界のタスクを実行する能力が実証されます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章 ブロックチェーンと分散台帳テクノロジー
第3章 Hyperledger Fabricの概要
第4章 メンバーシップサービス、MSP、およびチャネル
第5章 認証局の詳細
第6章 Hyperledger Fabric トランザクション
第7章 トランザクションのライフサイクル
第8章ネットワーク作成資産
第9章 チェーンコードのライフサイクルとプライベートデータ
第10章 サービス ディスカバリ
第11章 診断とトラブルシューティング

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
アプリケーションのライフサイクル管理20%
チェーンコード パッケージのインストールとインスタンス化を行う
エンドーズメント ポリシーを構成する
プライベート データの収集ポリシーを定義する
チェーンコードの変更やアップグレードを行う
ネットワークのインストールと構成25%
ワールドステート データベースの構成を変更する
最初の複数組織構成ポリシーを定義する
Ordering service (Raft) を構成する
Hyperledger Fabric コンテナを構成する
ネットワーク構成オプション(ブロック作成オプションなど)を定義する
通信のTLSを有効にする
ジェネシス ブロックを作成する
サービス検出ノード(ピアやordererのアドレスなど)を構成する
診断とトラブルシューティング15%
ピア ログのクエリと分析を行う
CAログのクエリと分析を行う
Ordererログのクエリと分析を行う
チェーンコード ログのクエリと分析を行う
会員サービスプロバイダー20%
ACLを構成する
エンドユーザーIDを作成する
アイデンティティをrevokeする
Hyperledger Fabric CAを構成・起動する
ハードウェア セキュリティ モジュール用にHyperledger Fabricを構成する
ネットワークの保守と運用20%
既存の組織にピアを追加する
チャンネルを作成する
チャンネルに組織を追加する
チャンネル構成を更新する
Hyperledger Fabricインスタンスを更新する

Certified Hyperledger Fabric Administrator(CHFA)認定の目的は、CHFAが商業展開のために安全なHyperledger Fabricネットワークを効果的に構築できることを保証することです。
試験の詳細とリソース
この試験は、オンラインで監督される実技試験で、さまざまな実技問題をコマンドラインで解決するように構成されています。
受験者の持ち時間は2時間です。
試験はFabric v2.2に基づいています
前提条件
LFS272を最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • 基本的なLinuxシステム管理コマンドとナビゲーションの知識
  • bashの基礎知識
  • コンテナ化とDockerの強力な知識
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解
  • JavaScript、TypeScript、およびGoプログラミング言語の読解力
  • YAMLの理解
実習について
ラボはローカルで実行することも、VirtualBoxやVagrantなどの仮想マシンを使用して実行することもできます。 GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料枠またはクレジットを使用してラボの演習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーによって最初に割り当てられたクレジットを超えると、料金が発生する場合があります。