トレーニング > ブロックチェーン 開発者が学ぶHyperledger Fabric (LFD272-JP) + CHFD-JP試験バンドル
コース+認定バンドル

開発者が学ぶHyperledger Fabric (LFD272-JP) + CHFD-JP試験バンドル

対象者

CHFDは、Fabricアプリケーションとスマートコントラクトをパッケージ化してデプロイし、エンドツーエンドのFabricアプリケーションライフサイクルとスマートコントラクト管理をNode.jsで実行する機能を実証したい開発者向けです。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、あらゆるユースケースでGolangにチェーンコードを実装してテストする方法、チェーンコードのライフサイクルを管理する方法、Hyperledger Fabricネットワークと対話するNode.jsクライアントアプリケーションを作成する方法、ユーザーIDに基づいて情報へのアクセスを制御する方法を学びます、プライベートデータコレクションなどをセットアップして使用します。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

CHFDは、最新のファブリックプログラミングモデルを使用して、クライアントアプリケーションとスマートコントラクトを開発および維持するための知識を実証する必要があります。

このような開発者は、以下も実行できる必要があります。
-Fabricアプリケーションとスマートコントラクトをパッケージ化して展開し、エンドツーエンドのFabricアプリケーションライフサイクルとスマートコントラクト管理を実行する
--Node.jsのプログラム

パフォーマンスベースの試験に合格すると、受験者が時間の制約の下で挑戦的な実世界のタスクを実行する能力が実証されます。

少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章 Hyperledger Fabric:コンポーネントとコンセプトの復習
第3章 チェーンコードの基本
第4章 チェーンコードライフサイクル
第5章 台帳データ範囲クエリ
第6章 ステートデータベースとしてのCouchDB
第7章 チェーンコードを使用した資産の履歴の読み込み
第8章 プログラムによるアクセス制御:ClientIdentity
第9章 チェーンコードの詳細
第10章 Hyperledger Fabric Node.js SDKの概要
第11章 主なアプリケーションコンポーネント
第12章 アプリケーションからのHyperledger Fabric CAとのやりとり
第13章 イベント処理
第14章 プライベートデータ コレクション

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
アイデンティティ管理7%
ウォレットをインスタンス化する
IDをウォレットにインポートする
ウォレットからIDを選択して管理する
ネットワーク設定8%
接続プロファイルを作成して使用する
インスタンス化してゲートウェイに接続する
アクセスネットワークと契約
スマートコントラクト開発40%
スマートコントラクトのクラス/コンストラクタの定義
トランザクション関数の定義
入力と引数の検証とサニタイズ
決定論的なロジック/コードを実装する
単純な状態の対話(Get、Put、Delete)
簡単なクエリを実行する
複雑なクエリを作成する
キーと値のペアを使用してアセットを定義する
潜在的にプライベートなデータを特定する
プライベートデータコレクションを組み込む
属性ベースのアクセス制御を実装する
元帳のステートの初期化
スマートコントラクトのインストールとインスタンス化
スマートコントラクトのinvocation25%
CLIを介してスマートコントラクトをinvokeする
1つ以上のトランザクションをsubmitする
クエリなどのトランザクション関数を評価する
トランザクション履歴をクエリする
トランザクション クラス(ステートフル)を使用してトランザクションを呼び出す
アプリケーション コントラクトを作成および発行する
チャネルベースのイベントを登録および処理する
メンテナンスとテスト20%
エラーと成功の応答を処理する
ログを特定および確認する
コントラクトの単体テスト
ポリシーの競合を診断およびエンドースする
関数の非決定性を特定して修正する
トランザクション フローのトラブルシューティングを行う

Linux Foundationは、業界の専門家やLinuxカーネルコミュニティと協力して、各認定に該当するコアドメインと重要なスキル、知識、能力を特定しました。その後、特定された能力に基づいてパフォーマンスベースの試験が開発されました。
試験の詳細とリソース
この試験は、オンラインで試験官が監督する実技試験です。Web IDE(Webブラウザ上で動作する開発環境)とコマンドラインを使って回答する実技問題で構成されています。
前提条件
このコースを最大限に活用するためには、以下の知識や環境が必要です。

  • Hyperledger Fabricのアーキテクチャやコンポーネントの理解:台帳、チャネル、チェーンコード、ネットワーク ノード タイプ(Endorser、Committer、Ordererなど)、トランザクション フロー、認証局(CA)
  • NodeJS の使用経験:
    – NodeJSをインストールして、コマンドラインでアプリケーションを実行できる、基本的な言語構築の知識、パッケージ管理の知識
  • Dockerの基本知識:
    – Dockerデーモンをインストールし、Dockerコンテナをローカルで実行し、基本コマンドを理解および使用できる
  • Linuxオペレーティング システムのコマンドライン/シェルの使用経験
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解

このコースの前に以下のコースを受講することを強くお勧めします。
Blockchain for Business: An Introduction to Hyperledger Technologies (LFS171x) MOOC (edXの無料コースです)。

実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。