トレーニング > ブロックチェーン > Hyperledger Fabric for Developers (LFD272)
トレーニングコース

Hyperledger Fabric for Developers (LFD272)

Hyperledger Fabric for Developersは、ファブリックのスマートコントラクトであるチェーンコードを記述し、エンタープライズブロックチェーンベースのアプリケーションを作成することで、ビジネスロジックの実装に関する専門知識を構築し、実践的なスキルを習得するのに役立ちます。 

対象者

このコースは、Hyperledger Fabricチェーンコードとアプリケーション開発のスキルを習得したい開発者を対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、任意のユースケースに対する Node.js におけるチェーンコードの実装およびテスト、チェーンコードのライフサイクル管理、Hyperledger Fabric ネットワークとやりとりする Node.js クライアント アプリケーションの作成、ユーザーIDに基づいた情報へのアクセス制御、プライベート データ コレクションの設定および使用などを学びます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースは、チェーンコードを記述し、エンタープライズブロックチェーンベースのアプリケーションを作成することにより、ビジネスロジックを実装するための専門知識を構築し、実践的なスキルを習得するのに役立ちます。
少なく読む 続きを読む
前提条件
このコースを最大限に活用するためには、以下の知識や環境が必要です。

  • Hyperledger Fabricのアーキテクチャやコンポーネントの理解:台帳、チャネル、チェーンコード、ネットワーク ノード タイプ(Endorser、Committer、Ordererなど)、トランザクション フロー、認証局(CA)
  • NodeJS の使用経験:
    – NodeJSをインストールして、コマンドラインでアプリケーションを実行できる、基本的な言語構築の知識、パッケージ管理の知識
  • Dockerの基本知識:
    – Dockerデーモンをインストールし、Dockerコンテナをローカルで実行し、基本コマンドを理解および使用できる
  • Linuxオペレーティング システムのコマンドライン/シェルの使用経験
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解
  • 最初に取ることを強くお勧めします Introduction to Hyperledger Blockchain Technologies (LFS171x) edXで無料で監査できるMOOC。
実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。
レビュー
2022年6月
このコースがチェーンコード開発とアプリケーション開発を組み合わせたという事実が気に入りました。
2022年4月
情報はよく整理されています。ラボの割り当ては良いアイデアですが、さらに多くの場合もあります。コースは、必要な資料を入手するために簡単にナビゲートできます。
2021年9月
実習は、コースの内容を実際に体験するのに役立ちました。
2021年6月
技術的な詳細の簡潔な説明、概念を伝えるための簡単な言語、および実用的なラボ。