Hyperledger Fabric 基礎 (LFD271-JP)

Hyperledger Fabricに関するこのコースでは、ブロックチェーンと分散型台帳技術の基本概念を学びます。

コースの概要

Hyperledger Fabric 基礎コースでは、ブロックチェーンと分散型台帳技術の基本概念を紹介します。その後、Hyperledger Fabricのコア アーキテクチャとコンポーネントについて説明します。 

詳細を表示

学習内容

  • チェーンコード(Hyperledger Fabricのスマートコントラクト)を介してHyperledger Fabricにビジネスロジックを実装する方法
  • 分散台帳の読み書きに使用されるさまざまなトランザクション タイプを確認する方法
  • アプリケーションがHyperledger Fabric Javascript SDKを使用してトランザクションを呼び出す方法

このコースは、ベンダーやディストリビューションに依存しないように作られていますので、ここで学習する概念は普遍的に適用できます。

このコースには、購入日から(事前予約した場合は利用可能になった日から)1年間アクセスできます。この期間内であれば、コースを完了した後でも、いつでもアクセス可能です。 このコースの想定完了時間は25〜30時間ですが、セルフペースのコースですので、速く進めてもゆっくり進めても構いません。

おもなテーマ

コースの紹介
第1章 ブロックチェーンと分散型台帳技術
第2章 Hyperledger Fabric
第3章 Hyperledger Fabricトランザクション
第4章 Hyperledger Fabricトランザクション - ライフサイクル全体
第5章 メンバーシップ サービス、MSP、およびチャネル

前提知識

このコースを最大限に活用するには、次の条件を満たす必要があります。

  • Linuxオペレーティング システムのコマンド ライン/シェルに習熟していること
  • JavaScriptとGo言語(Golang)を理解できること

Blockchain for Business: An Introduction to Hyperledger Technologies (LFS171x) のコースを受講しておくとよいでしょう。

コメント

「わたしはこのコース内容の流れや構成が気に入りました。おかげで、完全に理解していなかった概念をよく理解することができました。」2019年3月

 

「簡潔、有益、良質な実習問題、そしてディスカッションの場も用意されています。受講者の学習を支援することに真剣に取り組んでいると言えるでしょう。」2018年10月

 

「ほどよい情報密度がとても気に入りました。さらに演習があるので、各テーマを本当によく理解できます。」2018年10月

文字
新着

上司を説得する助けが必要ですか?
説得用の資料を用意する >

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 25〜30時間のコース教材
  • 演習と課題
  • ビデオ コンテンツ
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   中級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
団体見積もりのご案内 >