トレーニング > クラウド & コンテナ > Cloud FoundryおよびCloud Native Software Architecture(LFS132)の概要
トレーニングコース

Introduction to Cloud Foundry and Cloud Native Software Architecture (LFS132x)

この無料の実践的なワークショップでは、Cloud Foundryにアプリケーションをデプロイして管理する方法を説明します。

対象者

このコースは、アプリケーションのデプロイにCloud Foundryを使用する、または使用したいチームを対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースは、エンドユーザーが利用できるディストリビューション、プラットフォームのコンポーネントの概要、Cloud Foundry認定を受けることの意味を含む、Cloud Foundryの概要です。このコースには、コマンドラインインターフェイスの使用方法、アプリケーションの展開方法、システムのコンテキスト内にあるサービスと基本的なデバッグ方法に関する技術的な説明も含まれています。最後に、ワークショップでは、アーキテクチャおよびイデオロギー上でクラウドネイティブアプリケーションを構築することの意味について説明します。その際、最新の分散Webシステムを構成する12要素の方法を確認します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、Cloud Foundryを使用して、アプリをクラウドに移行する時間を無駄にすることなく、ビジネス価値を迅速に提供する準備をします。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
1. Cloud Foundryのランタイム、セキュリティ、ネットワークを探索します。
2.ビルドパックを使用してランタイムとフレームワークのサポートを構築する方法。
3.弾力性とスケーラビリティを実現する「The Twelve Factor app」の設計パターンを学びます。
4.アプリを「クラウドネイティブ」にするために必要な手順を取得します。
5. Cloud Foundryの各コンポーネントを組み合わせて、クラウドネイティブなプラットフォームを提供する方法を理解します。
6.分散システムの問題を特定するための手法と例を研究します。

前提条件
このコースを最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • Webベースのアプリケーションの展開経験もある。
  • コマンドラインとSSHを快適に使用するため。
  • Cloud Foundryの経験はほとんどありません。
関連のコースや認定