トレーニング > クラウド & コンテナ > Introduction to Cloud Foundry (LFD132x)
トレーニングコース

Introduction to Cloud Foundry (LFD132x)

このコースでは、Cloud Foundryとは何か、なぜ使うべきなのかを説明します。まずCloud Foundryプラットフォームのおもなユースケースを紹介し、つづいてCloud FoundryとKubernetesの関係について説明した後、Cloud Foundryの機能を網羅した没入型のハンズオンを行い、開発者、運用、セキュリティ&コンプライアンス チームの3つの視点からその影響を明らかにします。

対象者

このコースは技術的な聴衆を対象としていますが、技術的でない聴衆にも広く適用できます。このコースを完了するために、開発者またはオペレーターである必要はありません。実践的な部分は、幅広いバックグラウンド向けに設計されているため、特別なスキル、ソフトウェアのインストール、または環境は必要ありません。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースを完了すると、Cloud Foundryプラットフォームのさまざまな機能と、それがカスタムソフトウェア開発チームにもたらす価値について話し合うことができます。また、CloudFoundryなどの開発者向けプラットフォームを使用することによるセキュリティとコンプライアンスへの影響についても理解します。このコースは、CloudFoundryとKubernetesなどのインフラストラクチャプラットフォームの違いを明確にするのに役立ちます。このコースは、CloudFoundryプロジェクトを管理するオープンソースモデルを理解するのにも役立ちます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、開発プラットフォームの選択とカスタムソフトウェア組織での使用に関して情報に基づいた決定を下す準備をします。これは、開発者、オペレーター、セキュリティおよびコンプライアンスチームの観点から、カスタムソフトウェア組織のニーズを理解するのに役立ちます。さらに、このコースでは、ライフサイクル全体でカスタムソフトウェアアプリケーションを開発および運用する際の課題に焦点を当て、適切なプラットフォームを選択するチームにとってこのプロセスがどのように見えるかについての展望を提供します。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章CloudFoundryの概要
第2章開発者の懸念
第3章プロジェクトについて
最終試験(確認済みトラック)

前提条件
このコースを最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • Cloud Foundryの経験はほとんどありません。
関連のコースや認定