トレーニング > ウェブアプリケーション > WebAssemblyの概要(LFD133)
トレーニングコース

Introduction to WebAssembly (LFD133)

WebAssemblyランタイムとその機能について強固な基礎を身につけます。また、失敗例がある中で、WebAssemblyがどのように、そしてなぜ、新しいプログラミング言語をWebにもたらすことに成功したのかを学びます。

対象者

このコースは、WebAssemblyの長所と制限、およびブロックチェーン、サーバーレス、エッジ/ IoTなどでの潜在的なアプリケーションについて学習することに関心のあるWeb、クラウド、ブロックチェーンの開発者、アーキテクト、およびCTOを対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Webの4番目の「公用語」であるWebAssemblyランタイム(JavaScript、HTML、CSSに加えて)について十分に理解できます。 WebAssemblyが「内部で」どのように実行されるか、およびブラウザー内外でその機能を活用する方法を学習します。また、さまざまな業界での一連の潜在的なアプリケーションを探索し、今後の機能を簡単に確認します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースは、WebAssemblyランタイムとは何か、およびWebAssemblyランタイムが、さまざまな最新のプログラミング言語に安全で高速かつ効率的なコンパイルターゲットを提供し、ブラウザーをターゲットにできるようにする方法を示すことを目的としています。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章 インタラクティブWeb - 簡単な歴史
第2章 WebAssemblyの紹介
第3章 実用的なWebAssembly
第4章 ブラウザを超えたWebAssembly
第5章 WebAssemblyの未来

前提条件
このコースを最大限に活用するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  • ウェブ技術の基礎知識
  • コンピューティングの原理に関する基礎知識と理解
  • JavaScript を使用したプログラミングの基礎経験
  • インストールと設定に関する基礎知識