Linux Security Fundamentals (LFS216)

このコースを修了すると、現在のセキュリティニーズを評価し、現在のセキュリティの準備状況を評価し、必要に応じてセキュリティオプションを実装できます。実装技術者、開発者、管理者など、セキュリティ関連のタスクに関わるすべての人は、このコースから追加の専門知識を獲得します。

コースの概要

このコースでは、ほとんどすべてのシステムに影響を与える可能性のあるセキュリティの課題、特にインターネットからのシームレスな接続性を包括的に検証します。 Linuxを保護する機能の多くは、Linuxカーネルに組み込まれているか、さまざまなLinuxディストリビューションによって追加されています。このクラスでは、システムを保護するためにこれらのオプションの多くを検討します。場合によっては、特殊なLinuxアプライアンスを使用して、企業の実稼働サーバーとの対話方法を実証します。これは、セキュリティの問題と予防策についての認識をさらに広げる包括的なクラス体験です。

詳細を表示

このクラスは、コンピューターセキュリティの概要から始まり、セキュリティが開発、実装、管理、およびエンドユーザーのチェーンの全員にどのように影響するかについて触れます。

このコースは、さまざまなLinuxディストリビューションで動作するように作られていますので、ここで学習する概念はディストリビューションを問わず適用できます。

コースをどれだけ早く完了するかに関係なく、購入日から1年間コースにアクセスできます。 コースの完了には40〜50時間かかることが予想されます(ただし、コースは自分のペースで進められるため、好きなだけ早くまたはゆっくりと移動できます)。

おもなテーマ

第1章 コース紹介
第2章セキュリティの基本
第3章脅威とリスク評価
第4章物理的アクセス
第5章ロギング
第6章監査と検出
第7章アプリケーションセキュリティ
第8章カーネルの脆弱性
第9章認証
第10章ローカルシステムのセキュリティ
第11章ネットワークセキュリティ
第12章ネットワークサービスセキュリティ
第13章サービス拒否
第14章リモートアクセス
第15章ファイアウォールとパケットフィルタリング
第16章対応と緩和
第17章OSCAPを使用したコンプライアンステスト

前提知識

インターネットからファイルをダウンロードし、仮想マシンを構成し、仮想アプライアンスと「ホストのみ」の仮想プライベートネットワークをインポートできる必要があります。基本的なLinuxコマンドラインスキル(LFS201 –システム管理の要点で説明)が必要です。 Red Hat Linux、CentOS、またはFedoraに精通していることを強くお勧めします。

文字
新着

上司を説得する助けが必要ですか?
説得用の資料を用意する >

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 50時間の教材
  • 演習と課題
  • ビデオ コンテンツ
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • デジタルバッジ
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   中級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
団体見積もりのご案内 >