トレーニング > システム管理 >オープンソースソフトウェア開発:Linux for Developers(LFD107x)
トレーニングコース

オープンソースソフトウェア開発:開発者向けLinux(LFD107x)

オープンソースソフトウェアの開発の重要な概念と、Linux環境で生産的に作業する方法を学び、オープンソースソフトウェア(OSS)の冒険を今すぐ始めましょう。

対象者

このコースは、オープンソース開発の基本を理解したいオペレーティングシステムでの作業経験を持つ開発者を対象としています。コマンドラインの経験は必要ありませんが、役立つでしょう。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、オープンソースソフトウェアがどのように機能するかを調査します。これには、オープンソースソフトウェアを使用する利点、OSSコミュニティでの作業方法、ガバナンスモデル、ライセンスの選択などが含まれます。インストール、デスクトップ環境、テキストエディタ、重要なコマンドとユーティリティ、コマンドシェルとスクリプト、ファイルシステム、コンパイルソフトウェアなどのLinuxシステムについて詳しく説明します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、組織の一貫したオープンソース戦略を構築するための知識と理解を身に付けます。オープンソースソフトウェアのライセンス、コンプライアンス、コラボレーション、包括性、多様性に関連する側面を理解できます。このコースを完了すると、オープンソース開発コミュニティとLinux環境で快適かつ生産的に作業できるようになります。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章オープンソースソフトウェア
第2章なぜオープンソースソフトウェアを使用するのですか?
第3章成功したOSSプロジェクトの例
第4章OSSライセンスと法的問題
第5章 OSSプロジェクトでの作業のしかた
第6章リーダーシップとコントロール、そしてプロジェクトが失敗する理由
第7章OSSにおける多様性の尊重と奨励
第8章継続的インテグレーション
第9章GitHubおよびその他のホスティングプロバイダー
第10章Linuxとオペレーティングシステム
第11章グラフィカル環境とインターフェース
第12章システム管理
第13章 ヘルプの取得
第14章 テキスト エディター
第15章シェル、Bash、およびコマンドライン
第16章ファイルシステムのレイアウト、パーティション、パス、およびリンク
第17章 システムの初期化
第18章 メモリ
第19章コマンドの詳細
第20章ユーザーとグループ
最終試験(確認済みトラックのみ)

関連のコースや認定
このコースを最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • あらゆるオペレーティングシステムの開発者としての経験。
  • コマンドラインでの作業経験は必要ありませんが、役に立ちます。

このコースのラボ演習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。