トレーニング > ウェブアプリケーション > Node.js Services Development (LFW212) + JSNSD 試験バンドル
コース+認定バンドル

Node.js Services Development (LFW212) + JSNSD試験バンドル

対象者

このコースは、Node.jsの知識とスキル、特にNodeをフレームワークとともに使用してサーバーとサービスを迅速かつ安全に構成する方法を習得および実証したい上級レベルに向かう開発者を対象としています。登録する前に、学生はコマンドラインターミナルの使用方法を理解し、JavaScriptとOpenJS Node.jsアプリケーション開発者(JSNAD)プログラムの知識ドメインに精通している必要があります。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Webサーバーを作成し、エコシステムフレームワークを活用して迅速な構成を実現する方法を学習します。また、HTTPがノードコアAPIレベルでどのように機能するか、RESTfulの基本的なプラクティスとは何か、RESTfulサービスを実装するために何が必要かについても学びます。最後に、サーバーとサービスの構成に必要なスキルを身に付けます。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

このコースを完了すると、安全で保守が簡単なRESTfulJSONサービスを構築できるようになります。これらのスキルは、今日の業界で最も一般的なNode.jsの役割のいくつかに備えることができます。このコースでは、OpenJS Node.js ServicesDeveloper認定を取得する準備もします。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コース紹介
第2章 設定
第3章 Webサーバーの作成
第4章 Webコンテンツの提供
第5章 RESTful JSONサービスの作成
第6章 RESTfulサービスを使用したデータの操作
第7章 サービスの消費と集約
第8章 HTTPリクエストのプロキシ
第9章 Webセキュリティ:ユーザー入力の処理
第10章 Webセキュリティ:攻撃の軽減

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
サーバーとサービス70%
一般向けWebサーバーの実装
RESTful HTTPサービスの作成
他のHTTPサービスを使用する
HTTP動詞とステータスコードの知識
ユーザー入力の処理
セキュリティ30%
悪意のある入力から保護する
攻撃の緩和

試験の詳細とリソース
この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要があるオンラインの監督付きのパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsのスポンサー)は、この環境のエディターとして含まれています。

試験には、ジョブシナリオをシミュレートするタスクが含まれています。受験者は、タスクを完了するのに2時間かかります。

前提知識
このコースを受講する前に、次のことを理解しておく必要があります。

  • コマンドライン端末
  • JavaScript
  • JSNADの知識ドメイン
実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。