トレーニング > 組み込み > RISC-V Toolchain and Compiler Optimization Techniques (LFD113x)
トレーニングコース

RISC-V Toolchain and Compiler Optimization Techniques (LFD113x)

RISC-Vによってプロセッサー チップセットの導入が容易になったため、RISC-Vエコシステムにおけるコンパイラー エンジニアのニーズが高まっています。 RISC-Vベンダーがコンパイル技術の専門知識で競合他社より優位に立つためのツールチェーン エキスパートが暗黙のうちに必要とされています。ツールチェーンの内部について学び、RISC-Vアプリケーションを構築・デバッグすることで、最新のハードウェア技術を構築している何千もの企業と協力できるようになります。

対象者

本コースは、RISC-Vベンダーで独自のアーキテクチャを設計しているエンジニアや、RISC-V開発ボードを使用してアプリケーションを構築しているエンジニアを対象としています。また、アプリケーションの性能向上やコードサイズの縮小を目指すRISC-Vアプリケーション開発者や、ツールチェーン開発者、コンパイラー エンジニア/パフォーマンス エンジニアのほか、システム ソフトウェアを専攻するコンピューター サイエンスの学生にも役立ちます。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、まずコンパイラー ツールチェーンとクロスコンパイルの概念について紹介します。RISC-Vアプリケーションを構築するために、一般的なコンパイラー ツールチェーン(LLVMとGCCの両方)をどのように使用するかを学びます。また、ツールチェーンの問題をデバッグする方法や、助けが必要なときにどのようなリソースを参照すべきかについても学びます。このコースは、コードサイズやパフォーマンスのためにアプリケーションを最適化したり、計装技術を用いてアプリケーションの要求を理解したりするのに役立ちます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

ほとんどの大企業がパフォーマンスの最適化を得意とするエンジニアの確保に苦労していることから、このコースでは、ツールチェーン エンジニアやシステム パフォーマンス エンジニアなどの需要のある求人に応募するための準備を行います。このコースは、データセンター アプリケーションやモバイル アプリケーションのパフォーマンス最適化を始めるための初心者レベルのコースです。リソースに制約のあるRISC-VベースのデバイスやIOTシステムを構築するスタートアップで活躍することが可能になります。また、このコースは、学部生がコンパイラー ツールチェーンを使い始め、コンパイラー技術を使ってアプリケーションを最適化するスキルを身につけるのにも役立ちます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章 コンパイラー ツールチェーン
第2章 コンパイラー最適化の概要
第3章 RISC-Vアプリケーションの構築
第4章 デバッグ手法
最終試験(確認済みトラックのみ)

前提条件
受講者は、C/C++アプリケーション、プログラムがコンパイルされて実行可能になる過程、コンピューター サイエンスの基礎(システム入門レベル)に精通していることを想定しています。また、基本的なgitコマンドや、さまざまなLinuxパッケージをインストールするノウハウにも精通している必要があります。

第3章では、x86-64ベースのLinuxマシンが必要です。