自習型Eラーニングコースの利用規約

Linux Foundationのトレーニングに参加する場合、 クラスのディスカッションボードまたはフォーラムへの参加を含む、 あなたは私たちに従うことに同意します 行動規範.

*次の認定試験のいずれかの試験バウチャーが注文に含まれている場合は、以下の試験に適用される条件を確認する必要があります。

支払い

クラスの支払いは、Visa、Mastercard、American Expressを介してオンラインで行うことができます。注文確認は24時間以内に届きます。

払い戻し

払い戻しは、購入から3営業日以内に、コースがまだ完了していない場合に限り、キャンセルリクエストに対してのみ許可されます。来てください trainingsupport.linuxfoundation.org 払い戻し/キャンセルのリクエストを送信します。購入を完了するために使用したLinuxFoundationIDと電子メールを含める必要があります。

利用可能期間

自習型コースは、購入日から12か月間オンラインで受講できます。コースが完了とマークされている場合でも、コースのコンテンツは12か月間利用できます。

アクセシビリティと特別なニーズ

自習型コースのほとんどは、通常、セクション508およびWCAG 2.0の標準に従います。ほとんどの自習型コースには音声ナレーションが含まれていませんが、スクリーンリーダーはテキストレクチャーと代替テキストの条項(利用可能な場合)を読みます。クローズドキャプションはすべての動画で利用できます。代替テキストは、ほとんどのオーディオ録音で利用できます。まだ別の手配が必要な場合は、お問い合わせください。インストラクター主導のセッション(利用可能な場合)でこれを利用できるように取り組んでいます。

知的財産

トレーニングサービスに関連してThe Linux Foundationが提供または開発したトレーニング資料は、米国および国際的な著作権およびその他の知的財産権の対象です。トレーニング資料は、参加者が提供する形式で個人が使用するために提供されます。ほとんどの資料は、Linux Foundationの書面による事前の同意なしに、コピー、修正、参加者以外への配布、または他者へのトレーニングの提供に使用することはできません。当社のトレーニング資料の一部は、オープンソースライセンス(CC-BY-SAなど)で提供されており、オープンソースライセンスの条件に基づいて自由にコピー、変更、使用、配布できます。トレーニング資料に組み込まれたオープンソースコードまたはコンテンツには、他の著作権所有者がいる場合があり、該当するオープンソースライセンスに従って使用されます。