新しい無料のトレーニング コースでは、TARSプロジェクトを使用してマイクロサービスベースのアーキテクチャをデプロイする方法を学習

企業は機敏性とスケーラビリティを向上させるために新しいテクノロジーを実装し続け、マイクロサービス ベースのアーキテクチャの人気が高まっています。 Research & Markets は、2025年までのマイクロサービスの採用において、年間22.5%の成長率を予測しています。つまり、このテクノロジーを実装および管理するためのトレーニングを受けた専門家が必要です。 

このため、Linux Foundationと The TARS Foundation は、新しい無料のトレーニングコース Building Microservice Platforms with TARSをリリースすることにしました。このコースでは、さまざまなプログラミング言語を使用してマイクロサービスプログラムを効率的に開発し、対応するサービスをアプリケーションにすばやくデプロイする方法について説明します。また、TARSの強力な機能(Tencentがマイクロサービスの保守、開発、運用のための本格的なエンタープライズソリューションとして開発した高性能のオープンソースRPCフレームワーク)と、TARSエコシステムを構成するコンポーネントについても掘り下げます。

このコースは、マイクロサービスに携わるエンジニアだけでなく、特に従来の産業でのデジタル伝送に携わる内部技術アーキテクチャの調査に関心のあるエンタープライズ マネージャーを対象としています。さらに、マイクロサービスの概要とTARSに基づいてアプリケーションを構築する実践的な例を提供するため、ソフトウェア アーキテクチャに関心のある人なら誰でもこのコースを利用できます。 

このコースの終わりまでに、受講者は次のことができるようになります。

  • モノリス、マイクロサービス、サーバーレス、サービスメッシュの概念の違いを理解する。
  • TARSフレームワークのコンポーネントと特性を説明する。
  • DockerやKubernetesで、またはソースコードから、TARSをインストールおよび操作する。
  • TARSフレームワークを使用してマイクロサービス アプリケーションを作成する。
  • TARSでマイクロサービス アプリケーションを維持またはスケールアップする。
  • TARSを各種業界の企業に最適なソリューションへと変える機能を理解する。

受講者は、Linuxのコマンドライン インターフェース、コンテナ&データベース テクノロジー、およびプログラミング言語の基本的な知識が必要です。無料の Introduction to Cloud Infrastructure TechnologiesIntroduction to Linux コースは、このようなバックグラウンドを持っていない人の準備コースとして役立つでしょう。

今すぐ登録 してマイクロサービス移行への旅に出ましょう。

The TARS Foundationについて

TARS Foundationは、Linux Foundation傘下の非営利のオープンソース マイクロサービス財団であり、オープン マイクロサービス プラットフォームの構築に焦点を当てたコミュニティの貢献とメンバーシップの急成長をサポートしています。同財団は、新分野に新技術を導入したり、アプリケーションを拡張したりする際に企業がマイクロサービス アーキテクチャを採用するのを助けるオープンソース技術に焦点を当てています。マイクロサービスの使用で発生する可能性がある問題への対処に継続的に取り組み、より良いマイクロサービス エコシステムを構築するためのさまざまなボトムアップ コンテンツに対応したいと考えています。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。