スキップしてメインコンテンツへ

2020 オープンソース ジョブズ レポートで、DevOpsの才能に対する需要の急増、オープンソース スキルの継続的な不足が明らかに

投稿: 2020年10月26日お知らせ

Linux FoundationとedXによるレポートは
COVID-19がオープンソース テクノロジー業界に与える影響についても検証

2020年10月26日 サンフランシスコ発オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利組織The Linux Foundationと、信頼ある学習プラットフォームであるedXは、オープンソースの人材に対する需要とオープンソース プロフェッショナルの動向を調査した2020 Open Source Jobs Reportを発表しました。

パンデミックにもかかわらず、オープンソース技術のスキルに対する需要は引き続き旺盛です。企業や組織は、オープンソース技術の人材の採用を増やす一方で、既存のスタッフのスキルギャップを埋めるために教育の機会を増やしています。採用担当者の93%がオープンソースの人材を見つけるのが難しいと報告しており、63%の組織は、それらのソフトウェアスキルを持つ人材を採用するという明確な理由で、コードやその他のリソースを提供してオープンソースプロジェクトをサポートし始めたと答えており、2018年の48%から大幅に跳ね上がっています。また、DevOpsは、採用担当者が満たしたいロールのトップになっており(65%がDevOps人材を採用したいと考えている)、開発者の需要は、このレポートの歴史上初めて2位(59%)に移動しました。74%の雇用主が従業員の資格取得のための支払いを申し出ており、2018年の55%、2017年の47%、2016年の34%に比べて増加しています。

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。 「2020年は私たち全員にとって困難な年になりましたが、オープンソースが豊富な機会を提供し続けていることは心強いことです。Linux Foundationとメンバーは、オープンソースの教育機会をより身近なものにするために努力する一方で、すべての人に利益をもたらす技術的進歩を提供するために努力を続けていきます。」

2020 Open Source Jobs Reportは、The Linux Foundationがこの調査に取り組んだ8回目の報告書であり、edXと提携して報告書を作成するのは今回が初めてです。過去3回のレポートと同様に、オープンソースソフトウェアのあらゆる側面に焦点を当てており、最初の4回のレポートではLinuxの専門家により具体的に焦点を当てていました。前回のレポートは2018年に発行されています。

2020 Open Source Jobs Reportでは、オープンソース キャリアのトレンド、どのスキルが最も需要があるか、オープンソース専門家のモチベーション、雇用者がどのようにして有能な人材を惹きつけ、維持しているかを調査しています。

「仲間のオープンソース組織として、edXは、これらのスキルが世界中の革新的なテクノロジープロジェクトを推進する上でどれほど重要であるかを知っています」とedXの社長兼共同CEOであるAdamMedrosは述べています。 「たとえば、Open edXプラットフォームに取り組んでいる技術者は、その開発に貢献し、人々がオンラインで学び、希望する結果を追求するための新しく革新的な方法を生み出しています。このレポートの情報が、オープンソースの専門家に業界の明確な全体像を提供し、チームへの参加と作成に関する決定を通知し、従業員のトレーニングと投資に関する組織の決定を通知することを願っています。」

2020オープンソース ジョブズ レポートの主な調査結果は次のとおりです。

  • 有能なオープンソース人材は依然として不足: 採用マネージャーの93%は、オープンソーススキルを備えた十分な人材を見つけるのが難しいと報告しており、2年前の87%より増えています。 
  • DevOpsが台頭している: DevOpsのプロは、最も求められている職務に昇格し、65%の企業がより多くのDevOps人材を採用しようとしており、2018年の59%より増えています。 
  • COVID-19により、採用は減少しているが、なくはない: パンデミックと経済の減速にもかかわらず、採用マネージャーの37%は、今後6か月以内により熟練したITプロフェッショナルを採用すると述べています。
  • オンライントレーニングは、COVID-19時代に人気を博している: 現在、完全な80%の雇用主は、2年前の66%から、従業員がオープンソースソフトウェアを学ぶためのオンライントレーニングコースを提供していると報告しています。 
  • 認定の重要性はますます高まっている: 採用マネージャーの52%は、有資格者を採用する可能性が高くなっており、これは2年前の47%より増えています。 
  • クラウド テクノロジーが人気: 知識領域に関しては、採用マネージャーはオープン クラウド テクノロジーの知識が最も大きな影響力を持つと報告しており、70%がこれらのスキルを持つプロを採用する可能性があり、2018年の66%より増えています。 

このレポートには、世界中の企業、中小企業(SMB)、政府機関、人材派遣会社の175人を超える採用マネージャーからのデータと、世界中の900人を超えるオープンソースの専門家からの回答が掲載されています。

2020年のオープンソースジョブレポート全体を無料でダウンロードできます こちら.

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinuxFoundationは、1,000人を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープンスタンダード、オープンデータ、およびオープンハードウェアに関するコラボレーションの世界有数の拠点です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなどを含む世界のインフラストラクチャにとって重要です。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応して、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを作成することに重点を置いています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 linuxfoundation.org.

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。