スキップしてメインコンテンツへ

中国語で利用可能な認定Kubernetesアプリケーション開発者試験

2021年9月1日お知らせ

認定候補者は、中国語を話す監督者とともに、中国語で提示されたタスクでCKAD試験に参加できるようになりました。

サンフランシスコ、2021年8月31日The Linux Foundation、オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利団体、および クラウドネイティブコンピューティングファンデーションクラウドネイティブソフトウェアの持続可能なエコシステムを構築する®(CNCF®)は、 Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) 中国語で書かれたタスクと北京語を話す監督官と一緒に受験できるようになりました。試験はすでに英語と日本語の両方で利用できます。この機能強化により、CKADは、中国語ですでに利用可能なCertified Kubernetes Administrator(CKA)試験と同等になります。

Kubernetesなどのクラウドおよびコンテナテクノロジーは、過去12か月間にKubernetesにコードを提供する個人の数が126%増加するなど、近年驚異的な成長を遂げています。 2021年のオープンソースジョブレポートで調査された採用マネージャーによると、これらのテクノロジーは現在最も需要の高い技術スキルであり、人材プールを増やす必要性が継続していることを示しています。 2019年から2020年にかけて、CKAD試験に世界的に登録する個人の数は4倍になり、2021年の登録はさらに多く追跡されています。 

特に中国では、Kubernetes認定サービスプロバイダー(KCSP)になることが、大企業と協力したいITサービスプロバイダーの基本的なエントリー要件になっています。これを念頭に置いて、Linux Foundationは、市場の発展をサポートするためにCKA-CNを開発しました。現在、中国には36のKCSPがあります。さらに、中国は75のCNCFメンバー組織を誇り、CNCFが主催するプロジェクトのうち19は中国で始まりました。これは、中国がクラウドおよびコンテナー技術のリーダーになったことを反映しています。ますます多くのKubernetesインフラストラクチャが企業に導入されるにつれて、市場でKubernetes開発者の需要が高まっています。そのため、開発者がKubernetesに基づいてクラウドネイティブアプリケーションを構築するのを支援するためにCKAD-CNが追加されています。

CKAD-CN試験は、英語版および日本語版と同じ形式に従います。試験は完全にパフォーマンスベースであり、模擬環境で実際のスタイルのタスクを完了するよう受験者に求めます。これには、候補者がKubernetes用のクラウドネイティブアプリケーションを構築、構成、公開できることを実証する必要があります。合格者は、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用して、Kubernetesでスケーラブルなアプリケーションとツールを構築、監視、トラブルシューティングできるようになります。

LinuxFoundationのトレーニングおよび認定担当SVP兼ゼネラルマネージャーであるClydeSeepersadは、次のように述べています。 「CKAD試験を中国語でネイティブに利用できるようにすることで、さらに多くの既存の意欲的なクラウドアプリケーション開発者が、この高く評価されている認定を利用して、スキルを実証し、キャリアの見通しを改善できるようになることを願っています。」

「クラウドネイティブテクノロジーの開発と使用の両方で、中国の組織からの関心が急上昇しています」と、クラウドネイティブコンピューティング財団のゼネラルマネージャーであるPriyankaSharmaは述べています。 「これらの組織はクラウドネイティブでの標準化を目指しているため、中国語でCKADプログラムを提供することは論理的な次の動きです。これがこの地域の組織や開発者にプラスの影響を与えると聞いて興奮しています。」

CKAD試験は、中国語での登録が可能になりました。試験とその対象となるトピックに関する詳細情報が利用可能です 詳細とお問い合わせはこちらをご覧ください。

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたThe Linux Foundationは、1,000以上のメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションのための世界有数の組織です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなど世界のインフラストラクチャにとって重要なものです。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応し、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを構築することに重点を置いています。詳細については、 linuxfoundation.org にアクセスしてください。

Cloud Native Computing Foundationについて

クラウド ネイティブ コンピューティングは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドにおいて、オープンソース ソフトウェア スタックを使用してスケーラブルなアプリケーションを構築・実行することを可能にします。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、Kubernetes、Prometheus、Envoyなど、グローバルな技術基盤の重要なコンポーネントをホストしています。 CNCFは、業界のトップ開発者、エンドユーザー、ベンダーを結集し、世界最大のオープンソース開発者カンファレンスを開催しています。 CNCFは、世界最大のクラウド コンピューティング企業やソフトウェア企業、200を超える革新的なスタートアップ企業など、500を超えるメンバーによってサポートされており、非営利組織The Linux Foundationの一員でもあります。詳細については、www.cncf.io をご覧ください。

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

 

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。