スキップしてメインコンテンツへ

新コース:Detecting Cloud Runtime Threats with Falco (LFS254)

2023 年 11 月 7 日お知らせ

Falco でクラウド ネイティブ セキュリティ スキルを向上させましょう

Cloud Native Computing FoundationLinux Foundation Training & Certification は、 Detecting Cloud Runtime Threats with Falco (LFS254) のリリースを発表しました。この新コースは、IT プロフェッショナル、セキュリティ アナリスト、DevOps エンジニアに、Falco を使用してクラウド ネイティブ環境を強化するための専門知識を提供します。

クラウド ネイティブ環境が主流となった現在、堅牢なランタイム セキュリティが不可欠です。オープンソースの CNCF プロジェクトである Falco は、異常なアクティビティの検出における強力な味方です。 Detecting Cloud Runtime Threats with Falco (LFS254) は、Falco ルールの作成方法、出力の管理方法、特定のニーズに合わせた Falco の構成方法など、Falco をインストールして使用してクラウド ネイティブ アプリケーションを保護する方法に関する詳細な手順を提供します。

「クラウド導入が加速し続ける中、Falco のような効果的なセキュリティ対策を理解し、実装することは、IT プロフェッショナルのキャリア ポートフォリオにとって非常に重要です」と Linux Foundation のトレーニング&認定担当SVP兼ゼネラル マネージャーの Clyde Seepersad は述べています。

「ランタイムセキュリティはクラウドネイティブパズルの重要な部分であり、Falco は Kubernetes エコシステム内で広く採用されている効果的なツールです。このコースは、クラウド ネイティブ セキュリティをより深く理解したい人に強くお勧めします」と CNCF の CTO、Chris Aniszczyk は述べています。

自分のペースで進められるオンライン コースは、約 20 時間のコース教材で構成されています。このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • クラウドネイティブ環境の保護における Falco の役割について説明する
  • Falcoをインストールおよび設定する
  • ホストセキュリティのシステムコールをマスターする
  • システムコールを超えてデータソースを監視することでクラウドのセキュリティを強化する
  • Falcosidekick を使用して Falco 出力を効果的に管理する
  • Falco ルールを作成およびカスタマイズする
  • Falco が標準のセキュリティ フレームワークとどのように統合されるかを理解する

コースを修了した参加者には、修了証明書とデジタルバッジが提供されます。

Falco でセキュリティ スキルを強化しましょう – 登録はこちら!

 

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。