スキップしてメインコンテンツへ

Fintech Open Source Foundation (FINOS) と Linux Foundation Training & Certification が、金融 IT プロフェッショナル向けの新しい認定資格とコースを発表

2023 年 11 月 1 日お知らせ, 認定

FDC3 とオープンソースへの対応に焦点を当てる 

ニューヨーク市 (2023 年 11 月 1 日) – Fintech Open Source Foundation (FINOS)LinuxFoundation Training & Certification は、金融サービス業界に焦点を当てた 2 つの新しい認定と 2 つの新しいトレーニング コースを発表しました。 

FDC3(金融デスクトップ相互運用性スタンダード)関連:

Open Source Readiness,(金融サービス業界におけるオープンソースの導入を改善するためのFINOSの取り組み)関連:

「金融業界はオープンソース テクノロジーに大きく依存しています。これらの新しいコースと認定資格は、IT プロフェッショナルが金融 IT スキル ポートフォリオを構築および成長させ、新たなキャリア パスを開くのに役立ちます」と Linux Foundation のトレーニングおよび認定担当SVP兼ゼネラル マネージャーである Clyde Seepersad は述べています。

「FSOSD と LFD137 は、金融サービス業界におけるオープンソースの取り組みに関する正式なレベルの一歩先を示すものです。私たちは、今後数か月から数年の間に、業界がこのコースと試験を受け入れ、金融サービス業界においてソース貢献が責任を持って安全に行えることを実証するために活用されることを望んでいます。オープンソースは、世界中の金融サービス開発者の日常業務の一部となることが可能であり、またそうあるべきです」と、FINOSのシニア テクニカル アーキテクトであるRob Moffatは述べています。

Financial Desktop Connectivity and Collaboration Consortium (FDC3) 標準は、金融業界全体の主要組織によって作成および使用されています。 FDC3 は、財務ワークフローで使用されるさまざまなアプリケーションとシステム間の相互運用性を強化します。 FDC3 標準に準拠することで、金融専門家はデータをシームレスに共有し、アプリケーションを起動し、リアルタイムで共同作業を行うことができ、最終的にワークフローを合理化し、業界全体の生産性を向上させることができます。

FINOS Certified FDC3 Practitioner (FCFP)
FCFP 認定は、FDC3 標準の理解と管理を同僚、リーダー、将来の雇用主に証明します。 FCFP は、金融、保険、銀行、投資業界のテクニカル ビジネス アナリスト、ソフトウェア開発者、および FDC3 実装者向けに設計されており、FDC3 の概念を現実のユースケースに導入できる能力を実証します。

Developing Solutions with FDC3 (LFD237)
このコースは開発者向けに設計されており、IT プロフェッショナルが FDC3 標準を活用するアプリケーションを開発し、FDC3 対応アプリケーションを構築および公開でき、独自のカスタム コンテキスト オブジェクトとインテントを定義できるようにします。

FINOS Financial Services Certified Open Source Developer (FSOSD)
FSOSD 認定に合格した開発者は、ライセンス、倫理、コミュニティのコラボレーション、金融業界におけるオープンソース ツールなど、オープンソースの利用と貢献を支える重要な概念を理解していることを証明したことになります。金融サービス内の規制の枠組みと、これが通信政策、データ保護、知的財産法などの分野でオープンソースとどのように交差するかを理解できます。

Open Source Contribution in Finance (LFD137)
開発者向けに設計されたこのコースでは、シームレスなオープンソース コントリビューションのためのソーシャル メディアのルール、出版規範、コンポーネントの統合、セキュリティ、および銀行規制について学び、開発者が金融業界の戦略的なオープンソース プロジェクトに貢献できるようにします。

これらの認定試験やコースを無事に修了した方には、修了証明書とデジタル バッジが提供されます。また、コース参加者は、その分野のエキスパートやそのコースのフェロー参加者家と交流できるディスカッション フォーラムにもアクセスできます。

どちらのコースも現在、training.linuxfoundation.orgサイトで登録受け付け中です。2つの認定は現在ベータ テスト中です。興味のある IT プロフェッショナルは、FSOSD または FCFP サイトにアクセスしてサインアップすると、認定試験が一般利用可能になったときに通知されます。 

# # #

連絡先:
J Scott Punk
jspunk@linuxfoundation.org

Grizz Griswold
FINOS
grizz@finos.org 

LinuxFoundationについて
Linux Foundation は、オープンソース ソフトウェア、ハードウェア、標準、データに関するコラボレーションの世界有数の拠点です。 Linux Foundation プロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.js、ONAP、PyTorch、RISC-V、SPDX、OpenChain などを含む世界のインフラストラクチャにとって重要です。 Linux Foundation は、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対処して、オープン コラボレーションのための持続可能なモデルを作成することに重点を置いています。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。 Linux Foundation は登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundation の商標のリストについては、その商標使用ページ: www.linuxfoundation.org/trademark-usage
を参照してください。Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

FINOSについて
FINOS (The Fintech Open Source Foundation) は、金融サービスにおけるオープンソース、オープン スタンダード、ソフトウェア共同開発プラクティスの採用促進をめざする非営利組織です。同ファウンデーションは、オープンソース開発者と金融サービス業界が、事業運営に永続的な影響を与える新しいテクノロジー プロジェクトを構築するための中心的役割を果たしています。同ファウンデーションは、規制に準拠したプラットフォームとして、これらの競合組織の開発者が相互化の傾向が強いプロジェクトで共同作業できるようにします。買い手側企業と売り手側企業の両方からのコードベース貢献を可能にし、75 を超える大手金融機関、フィンテック企業、テクノロジー コンサルタント会社がそのメンバーに含まれています。 FINOS は、世界最大の共有テクノロジー組織である Linux Foundation の一員でもあります。ぜひ 参加し、 そして FINOS メンバーになってください。FINOS ニュース、イベント、ポッドキャスト、ブログなどの最新情報を入手するには、 こちらでサインアップしてください

 

 

 

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。