スキップしてメインコンテンツへ

包摂的なオープンソース コミュニティやコードの作成を学べる無料コース

投稿: 2021年10月13日お知らせ

IT業界における永続的な多様性・公平性・包摂性の問題に対処するための新しいオンライン トレーニング

最近リリースされた 2021年オープンソース ジョブ レポート によれば、オープンソース コミュニティの専門家の18%は、個人的な特性のために差別を経験したか、歓迎されないと感じさせられていることがわかりました。これは、2018年以降に差別の報告が125%増加したことを反映しており、IT業界全体、特にオープンソース コミュニティにとって、この問題に対処するための措置を講じることは不可欠になっています。

これは、私たちが Cloud Native Computing Foundation (CNCF) および Inclusive Naming Initiative (INI) と提携し、 新しい無料のオンライン トレーニング コース Inclusive Strategies for Open Source (LFC103)をリリースした理由の1つです。 このコースでは、作業場に包摂性を構築しようとしている企業やオープンソース コミュニティ向けのリソースや実践的な戦略を紹介します。適切な言語の選択による包摂的なコードベースの作成、包摂性に関するオープンソース コミュニティ ポリシーの構築、企業向けの戦略などをカバーし、包摂的に行動するための戦略に焦点を当てています。

LFC103は、オープンソース コミュニティ マネージャー、オープンソース メンテナー、IT業界のその他のビジネス リーダーやコミュニティ リーダー向けに特別に設計されていますが、コースの内容は、テクノロジーのあらゆる分野で働く人々に役立ちます。このコースの目標は、これらの問題の認識を高め、コミュニティの包摂性と多様性の問題に取り組むための具体的な戦略を提供することです。また、包摂的なオンライン コミュニティを作成するためのツールキットも提供します。

この新しいコースはわずか1時間で完了することができ、4つの章と最終試験で構成されています。以下のような章があります。

  • 第1章 コースの紹介
  • 第2章 包摂的なコードベース
  • 第3章 言語の変更
  • 第4章 包摂的なプロセス

LFC103は今すぐこちらから無料で登録できます。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。