スキップしてメインコンテンツへ

インストラクター主導コースKubernetes Security Fundamentalsを公開

2021年1月14日お知らせ

Kubernetes Security Fundamentals (LFS460) は、Linux Foundation Training & CertificationとCloud Native Computing Foundationによる最新のインストラクター主導トレーニング コースです。コースを受講する人は、ビルド、デプロイ、ランタイム中にクラウド、コンテナベース アプリケーション、Kubernetesプラットフォームを保護するための幅広いベストプラクティスに関するスキルと知識を習得し、完了すると、 Certified Kubernetes Security Specialist (CKS) 認定試験への準備が整います。このインストラクター主導のコースの受講にはCKS登録も含まれていますが、CKS試験を受けることができるのは、すでに Certified Kubernetes Administrator (CKA) を保持している方です。 

この4日間のコースは、The LinuxFoundationのエキスパート インストラクターによるライブの講義です。パブリック コースには誰でも登録できます。最初のコースは2021年3月29日から4月2日まで提供されます。チーム トレーニングを希望する組織は、Corporate Solutions teamからプライベートコースを手配できます。公開コースはオンラインで実施され、業界のエキスパートがライブでコンテンツを提供し、ハンズオンラボで、コンテナベースのアプリケーションを保護するために必要なエクスペリエンスを教えます。このコースでは、コンテナのセキュリティだけでなく、クラスタの構成前からデプロイまでのトピックや、継続的なセキュリティ情報や脆弱性情報をどこで見つけるかなど、継続的かつアジャイルな使用方法を探求しています。

このコースのコンテンツは、Kubernetes Security Essentials (LFS260) eラーニング コースと類似していますが、ライブ インストラクターによるメリットがあります。参加者は、登録する前にCKA試験を受けているか、必要な知識を持っていることが強く推奨されます。Kubernetes Security Fundamentalsコースを効果的に受講するには、CKA試験や関連するKubernetes Administration (LFS458)トレーニングでカバーされているスキルと知識に精通している必要があります。

本コースに、こちらから登録して、 して、あなたのチームが潜在的なクラウド セキュリティの問題に対処できるように準備しましょう。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。