スキップしてメインコンテンツへ

RISC-V ISA について学べる 2つの無料トレーニングコース
Linux Foundation と RISC-V International が提供

2021年3月2日お知らせ

2つのオンライン コースを edX.org で提供し、RISC-V トレーニングがより身近に

2021年3月2日、サンフランシスコ(Embedded World)発The Linux Foundationオープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利団体)とRISC-V International(無料でオープンなRISC-V命令セットアーキテクチャ(ISA)の採用と実装を推進するためにメンバーによって管理されている非営利団体)は、RISC-V ISAを使い始めるのに役立つ2つの新しい無料オンライントレーニング コースを発表しました。 同コースは、ハーバード大学とMITによって設立されたオンライン学習プラットフォームであるedX.orgで利用できます。

「RISC-Vインターナショナルは、人々がRISC-V ISAをより深く理解し、スキルを拡大する機会を提供することに取り組んでいます」と、RISC-VインターナショナルのCEOであるCalista Redmondは述べています。 「これらのコースにより、誰もがより深い技術的洞察を構築し、オープンコラボレーションの利点についてさらに学び、RISC-Vによる自由な設計に取り組むことができます。」

最近の市場におけるRISC-Vコアの勢いは、システムオンチップ (SoC)、開発者ボード、ソフトウェアやツールなど、組み込みからエンタープライズまで、幅広いコンピューティングに対応しており、RISC-Vの実装方法や活用方法を理解している個人を支援することが、コミュニティの強いニーズとなっています。このニーズに応えるために、Linux FoundationとRISC-V Internationalは、RISC-Vのスキルを身につけたいと考えている人のために、これらの無料オンラインコースを設計しました。

最初のコースであるIntroduction to RISC-V (LFD110x)では、RISC-Vエコシステム、RISC-V International、RISC-V仕様、RISC-V仕様の作成・開発方法のほか、開発者やエンドユーザーとしてRISC-Vを使用する際の技術的な側面など、さまざまな側面から参加者を指導します。このコースでは、RISC-Vコミュニティに効果的に参加し、ISA仕様に貢献し、幅広いRISC-Vソフトウェア・ハードウェア プロジェクトを開発するために必要な基礎知識を提供します。 Introduction to RISC-Vは、RISC-V Internationalのプログラム マネージャであるJeffrey "Jefro" Osier-MixonとRISC-V Internationalのテクニカル プログラム マネージャであるStephano Cetolaによって開発されました。

2番目のコース、 Building a RISC-V CPU Core (LFD111x)は、デジタルロジック設計と基本的な中央処理装置(CPU)のマイクロアーキテクチャに焦点を当てています。参加者は、Makerchipオンライン統合開発環境(IDE)を使用して、論理ゲートからシンプルで完全なRISC-VCPUコアまでのテクノロジを実装します。このクラスでは、参加者は RISC-V、トランザクションレベルのVerilog、オンラインのMakerchip IDEなど、オープンソース ハードウェア エコシステムをサポートするさまざまな新しいテクノロジーに精通します。 Building a RISC-V CPU Coreコースは、Redwood EDAの創設者であるSteve Hooverによって開発されました。

Introduction to RISC-VBuilding a RISC-V CPU Core コースが登録可能になりました。edXによる各コースの監査は7週間無料です。または、有料の確認済み修了証明書を選択できます。これにより、1年間のコースへのアクセスと、学習体験を深めるための追加の評価とコンテンツが提供されます。

RISC-Vインターナショナルについて

RISC-Vは、オープンなコラボレーションを通じてプロセッサの新時代のイノベーションを可能にする、フリーでオープンなISAです。2015年に設立されたRISC-V Internationalは、1,200人以上のメンバーで構成されており、新時代のプロセッサ イノベーションを牽引するソフトウェアやハードウェアのイノベーターによる最初のオープンでコラボレーションなコミュニティを構築しています。RISC-V ISAは、アーキテクチャに新しいレベルのフリーで拡張可能なソフトウェアとハードウェアの自由を提供し、今後50年のコンピューティング設計とイノベーションの道を開きます。

メンバーによって管理されている非営利組織であるRISC-V Internationalは、将来の開発を指揮し、RISC-V ISAの採用を推進しています。 RISC-V Internationalのメンバーは、RISC-V ISA仕様と関連するHW / SWエコシステムの開発に参加しています。 

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたThe Linux Foundationは、1,000以上のメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションのための世界有数の組織です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなど世界のインフラストラクチャにとって重要なものです。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応し、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを構築することに重点を置いています。詳細については、 linuxfoundation.org にアクセスしてください。

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。