スキップしてメインコンテンツへ

Linux FoundationとedXによるレポートで明らかに ー 人材不足が続く中、半数の企業が採用を加速

投稿: 2021年9月20日お知らせ

第9回年次オープンソース ジョブ レポートは、オープンソース人材の採用、確保、トレーニングの傾向を調査

サンフランシスコ – 2021年9月20日The Linux Foundation, (オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利組織)edX(信頼ある学習プラットフォーム)は、 2021年オープンソース ジョブ レポート(オープンソース人材に対する需要とオープンソース プロフェッショナルの動向の調査報告書)を公開しました。

企業はデジタル トランスフォーメーション活動を継続しようとしており、パンデミックを経て雇用は回復しつつあります。このことは、調査対象となった企業の50%が、今年の採用数を増やすと回答したことからも明らかです。しかし、大きな課題もあります。92%の経営者は、十分な人材を見つけるのが難しいと回答しており、また、激しい競争の中で既存の人材を確保するのにも苦労しています。さらに、オープンソース ソフトウェアの急速な普及により、市場におけるスキルギャップが拡大しています。特にクラウド ネイティブ アプリケーションの開発と運用のスキルについては、採用担当者の46%がトップに挙げています。

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。
「最高のキャリアパスを探している人にとって、クラウドネイティブ コンピューティング、DevOps、Linux、およびセキュリティが最も有望な機会を持っていることは明らかです。」

また、edXのチーフ コマーシャル オフィサー兼戦略的パートナーシップ担当SVPであるJohannes Heinleinは、次のように述べています。
「今年のレポートでは、COVID-19が、特にハイテク分野において、パンデミック前に表面化していたスキルギャップや雇用ニーズを悪化させたことが明らかになりました。今回の調査では、雇用主がトレーニングや学習の機会を増やすことでこれらのニーズに応えていることがわかり、期待が持てます。現在および今後の技術系人材の需要に応えるためには、企業がこのようなトレーニングに投資できるようにする必要があります。」

第9回年次オープンソース ジョブ レポートでは、オープンソース キャリアのトレンド、最も需要の高いスキル、オープンソース プロフェッショナルのモチベーション、および雇用主が有能な人材をどのように引き付けて維持するかを検証しています。 2021年のオープンソース ジョブ レポートのおもな調査結果は次のとおりです。

  • 有能なオープンソース人材は依然として不足: ほとんどの採用マネージャー(92%)が、オープンソース スキルを備えた十分な人材を見つけるのが難しいと報告しています。半数の企業がオープンソースの採用を加速しており、人材不足をさらに悪化させています。 
  • クラウドの台頭: 採用マネージャーが最も求めているのは、クラウドとコンテナ テクノロジーのスキルで、このレポートの歴史の中で初めてLinuxを上回り、46%の採用マネージャーがクラウド技術者を求めています。
  • コミュニティにおける差別への関心の高まり: コミュニティ内で差別を受けたり、歓迎されないと感じたことがあると回答したオープンソース プロフェッショナルの数は、2021年には18%に増加し、過去3年間で125%の増加となりました。
  • DevOpsが標準のソフトウェア開発方法に: オープンソース プロフェッショナルのほぼ全員(88%)がDevOps手法を取り入れて作業を行っていると回答しており、3年前に比べて50%増加しています。
  • 認定された人材の急増に対する需要: マネージャーは、認定された人材(88%)の採用を優先しており、同様の割合のマネージャーが、認定を取得するために従業員に支払う意思があります。 
  • トレーニングは、スキル ギャップの解消にますます役立っている: 多くのプロフェッショナルが、雇用主に対してより多くのトレーニング機会を要求しており、92%のマネージャーが要求の増加を報告しています。また、雇用主は、スキルギャップを解消するためにトレーニングへの投資を優先すると回答しており、58%がこの戦術を用いています。これに対して、29%はスキルギャップを解消するために外部のコンサルタントを導入しています。

今年のレポートでは、世界各国の企業、中小企業(SMB)、政府機関、人材派遣会社の200人以上の採用担当者のデータを分析し、世界各国の750名以上のオープンソース プロフェッショナルからの回答を掲載しています。

2021オープンソース ジョブ レポートはこちらから無料でダウンロードできます。

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinuxFoundationは、1,000人を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープンスタンダード、オープンデータ、およびオープンハードウェアに関するコラボレーションの世界有数の拠点です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなどを含む世界のインフラストラクチャにとって重要です。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応して、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを作成することに重点を置いています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 linuxfoundation.org.

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。