スキップしてメインコンテンツへ

オープンソースソフトウェアが主流になり、求められる能力との差が顕著になるにつれて、オープンソーステクノロジーのキャリアはより有利なものになっています

2022年6月22日お知らせ

本日、Linux FoundationとedXは、第10回年次Open Source Jobs Reportをリリースしました。レポートにはオープンソースの採用、維持、トレーニングの傾向に関する調査が含まれています。

テキサス州オースティン–オープンソースサミット–2022年6月22日 The Linux Foundation( オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利組織)edX(2U, Inc.(Nasdaq:TWOU)における主要なグローバルオンライン学習プラットフォーム)は、 10th Annual Open Source Jobs Report( オープンソース人材に対する需要とオープンソース プロフェッショナルの動向の調査報告書)をリリースしました。

業界全体でクラウドの採用とデジタルトランスフォーメーションが継続していることを考えると、オープンソースの人材の必要性は非常に高いです。 COVIDのパンデミックが弱まるにつれ、雇用の維持と採用の両方がこれまで以上に困難になり、専門家の73%は新しい業務を見つけるのは簡単だと報告し、その一方、雇用主の93%は十分な熟練した才能を見つけるのに苦労しています。オープンソースの専門家の大多数(63%)は、過去1年間に雇用が変わらなかったと報告しましたが、3人に1人は、退職または転職したと報告しました。これは「大量退職」のレベルに達しないかもしれませんが、この流動性は企業にさらに圧力をかけています。

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。 「ビジネス目標を達成するための才能を確保したい組織は、その才能を引き付けるために差別化するだけでなく、正味の新規および既存の才能を開発することによってスキルのギャップを埋める方法を検討する必要があります。このレポートは、それを実現するために彼らが取ることができる考察と実行可能なステップを提供します。」

「今年のレポートでは、組織がスキルのギャップを埋める方法を模索し続けるにつれて、認定がますます重要になっていることがわかりました。モジュール式の積み重ね可能な学習は教育の未来の姿であり、雇用主が今日の業務に必要なスキルを習得するための別の手段として認識していくことが大事です。」 – Anant Agarwal、edX創設者 兼 2Uチーフオープンエデュケーションオフィサー。

第10回年次Open Source Jobs Reportでは、オープンソースのキャリアの傾向、最も需要の高いスキル、オープンソースプロフェッショナルの動機、および雇用主が資格のある人材をどのように引き付けて維持するかを検証しています。オープンソースジョブレポートの主な調査結果は次のとおりです。

  • 資格のあるオープンソースの人材は依然として不足しています。 雇用主の大多数(93%)は、オープンソーススキルを備えた十分な人材を見つけるのが難しいと報告しています。この傾向は、今後6か月以内にオープンソースの採用を増やすことを計画している雇用者のほぼ半数(46%)で解消されていません。また、オープンソースの専門家の73%は、先に進むことを選択した場合、新しい役割を見つけるのは簡単だと述べています。
  • 報酬は、より大きな差別化要因になっています。 給与やボーナスなどの金銭的インセンティブは、才能を維持するための最も一般的な手段であり、3人に2人のオープンソースの専門家は、給与が高いほど仕事を辞めるのを思いとどまらせると述べています。フレックスタイム制とリモートワークが業界標準になりつつあるため、ライフスタイルのメリットは考慮されなくなり、金銭的インセンティブが大きな差別化要因になっています。
  • 認定は新しいレベルの重要性を持つようになりました。 雇用主の大多数(90%)は、従業員が資格を取得するために支払うと述べており、専門家の81%は今年、資格を追加する予定であり、これらの資格が持つ重要性を示しています。認定資格を持つオープンソースの専門家を雇う可能性が高い雇用主の69%は、人材不足の状況下、仕事をするスキルを持っていることを証明できる限り、以前の経験は必要条件ではなくなっていることも強調しています。
  • クラウドの継続的な優位性: クラウドとコンテナテクノロジーのスキルは今年も最も需要が高く、69%の雇用主がこれらのスキルの採用を求めており、オープンソースの専門家の71%がこれらのスキルの需要が高いことに同意しています。これは驚くべきことではなく、調査対象の77%の企業が、過去1年間にクラウドの使用を増やしたと報告しています。 Linuxのスキルも依然として高い需要があり(採用マネージャーの61%)、Linuxがクラウドコンピューティングをどれだけ支えているかを考えると驚くことではありません。
  • サイバーセキュリティの懸念が高まっています。 サイバーセキュリティスキルは、採用決定に影響を及ぼす要素の4番目になっています。これは、雇用主の40%が報告しさており、クラウド、Linux、DevOpsに次ぐものです。専門家の間では、77%は、追加のサイバーセキュリティトレーニングによる恩恵があると述べており、セキュリティの重要性がますます認識されているものの、真に安全なテクノロジーの展開を実現するために行うべき作業があることを示しています。
  • 企業は、プロジェクトの遅延を回避するために、より多くの費用を費やすことをいとわない: 採用担当者によると、現在スキルギャップを埋める最も一般的な方法はトレーニング(43%)であり、次に41%がコンサルタントを雇ってこれらのギャップを埋めると言っています。これは高価な代替手段であり、昨年の37%からの増加です。これは、プロジェクトを遅らせることをいとわないとする回答がたった16%であることと一致しており、費用のかかるコンサルタントが必要になっても、デジタルトランスフォーメーション活動を優先していることを示しています。

今年のレポートは、1,672人のオープンソース専門家と559人のオープンソース専門家の採用を担当する回答者からの調査回答に基づいています。調査は2022年3月にオンラインで行われました。

10th Annual Open Source Jobs Reportはここから無料でダウンロードできます。

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinuxFoundationは、1,000人を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープンスタンダード、オープンデータ、およびオープンハードウェアに関するコラボレーションの世界有数の拠点です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなどを含む世界のインフラストラクチャにとって重要です。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応して、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを作成することに重点を置いています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 linuxfoundation.org.

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。