スキップしてメインコンテンツへ

Prometheus Associate Certificationは、インフラストラクチャの監視能力に関する認定試験です。

2022年5月18日お知らせ

CNCFとThe Linux Foundationによる新しいアソシエイト認定は、オープンソースシステムの監視とアラートツールキットであるPrometheusを使用するための基礎知識とスキルをテストします。

スペイン、バレンシア– KubeCon + CloudNativeCon ヨーロッパ– 2022年5月18日– クラウドネイティブのための持続可能なエコシステムとソフトウエアを構築するThe Cloud Native Computing Foundation® (CNCF®)オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利組織The Linux Foundation, 本日、新しい認定試験 Prometheus認定アソシエイト(PCA) を発表しました。PCAは、Prometheusエコシステム内の可観測性と監視に特別な関心を持つエンジニアまたはアプリケーション開発者向けに設計された専門職を目指すための認定資格です。

PCAは、KCNA、CKA、CKADなどのKubernetes認定をモデルにしており、これらの認定に合格したか、Prometheus固有のトレーニングまたはクラウドエンジニアのブートキャンプを完了した候補者を対象としています。試験は現在 ベータテスト中です。 そして、2022年後半に一般公開されます。 

CNCFによる 2021年のクラウドネイティブ調査では、生産現場におけるプロメテウスの使用率は65%に達し、前年比で43%増加しました。本番ユーザーには、Adidas、Slack、JPMorgan Chase、Verizon、Uberなどの組織が含まれます。 Prometheusは、Kubernetesに続いて、2016年にCNCFに参加した2番目のプロジェクトであり、2018年に卒業した2番目のプロジェクトでした。 

CNCFのCTOであるChris Aniszczykは、次のように述べています。「クラウドネイティブのスタックは、成長をつづけ、成熟したものになり、アプリケーションのメトリックス、性能、警告や考察には、可観測性が欠かせないものになってきました。」さらに、Chris Aniszczykは、次のように続けています。 「Prometheusはこのために重要な要素であり、組織が可観測性の基盤を構築できるようにします。 PCA試験により、開発者はPrometheusエコシステムとクラウドネイティブの可観測性の概念に習熟していることを実証できます。」

PCAは、クラウドネイティブアプリケーションとインフラストラクチャを監視するためのベストプラクティスに関するエントリーレベルのスキルと知識、および可観測性データを通じてアプリケーションのパフォーマンスを向上させる能力をテストする多肢選択式のオンライン認定試験で構成されます。認定された者は、実装上の問題点を認識し、パフォーマンスの監視と考察を行い、問題のデバッグを行うとともに、QA、セキュリティ、自動化などの他のシステムへのデータのフィードを行うことができます。既存の 「Monitoring Systems and Services with Prometheus」トレーニングコースは、プロメテウスを初めて使用する方に役立ちます。

Linux FoundationのSVP兼トレーニングおよび認定担当ゼネラルマネージャーであるClyde Seepersadは、次のように述べています。 「この影響力を持つテクノロジーの採用が増えるにつれ、Prometheusのトレーニングに大きな関心が寄せられています。これは素晴らしい出発点です。この新しい認定により、このテクノロジーに精通した技術者が雇用主に対して自分の能力を証明できるようになり、能力の不足点を認識することで、キャリアを向上させることができます。」

この試験は、Certiverse社との共同開発によるものです。The Linux Foundation Certified IT Associate (LFCA) や Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA) で実証されたように、Certiverse社のオンライン試験開発プラットフォームは、ITコンテンツを最新かつ適切に保つために必要なスピードで、高品質の認定資格を市場に提供します。

試験とその対象となるトピックに関する詳細情報は 詳細はこちらをご覧ください。ベータ版への登録に興味のある方は 詳細はこちらをご覧ください。無料で登録できます。試験の利用可能性に関する追加の詳細は、今後数か月以内に発表されます。 

Cloud Native Computing Foundationについて

クラウド ネイティブ コンピューティングは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドにおいて、オ>ープンソース ソフトウェア スタックを使用してスケーラブルなアプリケーションを構築・実行することを可能にします。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、Kubernetes、Prometheus、Envoyなど 、グローバルな技術基盤の重要なコンポーネントをホストしています。 CNCFは、業界のトップ開発者、エンドユーザー、ベンダーを結集し、世界最大のオープンソース開発者カンファレンスを開催しています。 CNCFは、世界最大のクラウド コンピューティング企業やソフトウェア企業、200を超える革新的なスタートアップ企業など、500を超えるメンバーによってサポートされており、非営利組織The Linux Foundationの一員でもあります。詳細についてはwww.cncf.ioをご覧ください。

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたThe Linux Foundationは、1,000以上のメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションのための世界有数の組織です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなど世界のインフラストラクチャにとって重要なものです。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応し、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを構築することに重点を置いています。詳細については、 linuxfoundation.org にアクセスしてください。

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。