Linux Foundation認定システム管理者(LFCS)
Linux Foundation認定システムエンジニア(LFCE)
2021/2022:プログラムの変更

 

  • LFCS: Ubuntu18.04およびCentOS7の既存のオプションに加えて、Ubuntu20.04およびCentOSStream8がプラットフォームオプションとして利用できるようになりました。
  • 2022年1月18日現在、 Ubuntu18.04およびCentOS7は、LFCSではサポートされなくなります(無料の再取得を含む)。
  • 2022年1月18日、すべての有効期限が切れておらず、未使用 LFCS 選択したプラットフォームとしてUbuntu18.04またはCentOS7がアップグレードされた試験登録 から Ubuntu 18.04 Ubuntu20.04または から CentOS 7 それぞれCentOSストリーム8。

Ubuntu18.04とCentOS7はLFCSとLFCE試験でどのくらいサポートされますか?

2022年1月18日 Ubuntu18.04およびCentOS7はサポートされなくなります LFCS 無料の再受験を含む試験の予約。 

2022年1月18日の時点で、有効期限が切れていない未使用のもの LFCS 選択したディストリビューションとしてUbuntu18またはCentOS7を使用する試験登録がアップグレードされました から Ubuntu 18.04 Ubuntu20.04または から CentOS 7 それぞれCentOSストリーム8。 

もし私の 最初 試みる Ubuntu18.04またはCentOS7でプロビジョニングされました 無料の再受験(1回) 同じプラットフォームでプロビジョニングしますか?

予約が最初の試みであるか無料の再取得であるかは関係ありません。重要なのは、試験を受ける日付です。

fあなたはあなたのために座ります LFCS 2022年1月18日までに無料で再受験できますUを選択できますプラットフォームとしてbuntu18.04またはCentOS7。
あなたがあなたのために座っているなら LFCS その日以降は無料で再受験できます。プラットフォームとして選択できるのはUbuntu20.04またはCentOSStream8のみです。