スキップしてメインコンテンツへ

第10回年次(2022)オープンソースジョブレポート

第10回オープンソースジョブレポート

とのパートナーシップで開発 edX Linux Foundation Researchの第10回年次報告書は、オープンソースのキャリアにおける最新の傾向、求められているスキル、オープンソースの専門家を動機付けるもの、雇用主が優秀な人材を引き付けて維持する方法、業界の多様性の問題を明らかにしています。

第10回オープンソースジョブレポートの主な調査結果は次のとおりです。

  • 企業は、プロジェクトの遅延を回避するために、より多くの費用を費やすことをいとわない: 採用担当者によると、現在スキルギャップを埋める最も一般的な方法はトレーニング(43%)であり、次に41%がコンサルタントを雇ってこれらのギャップを埋めると言っています。これは高価な代替手段であり、昨年の37%からの増加です。これは、プロジェクトを遅らせることをいとわないとする回答がたった16%であることと一致しており、費用のかかるコンサルタントが必要になっても、デジタルトランスフォーメーション活動を優先していることを示しています。
  • 資格のあるオープンソースの人材は依然として不足しています。 雇用主の大多数(93%)は、オープンソーススキルを備えた十分な人材を見つけるのが難しいと報告しています。この傾向は、今後6か月以内にオープンソースの採用を増やすことを計画している雇用者のほぼ半数(46%)で解消されていません。また、オープンソースの専門家の73%は、先に進むことを選択した場合、新しい役割を見つけるのは簡単だと述べています。
  • 報酬は、より大きな差別化要因になっています。 給与やボーナスなどの金銭的インセンティブは、才能を維持するための最も一般的な手段であり、3人に2人のオープンソースの専門家は、給与が高いほど仕事を辞めるのを思いとどまらせると述べています。フレックスタイム制とリモートワークが業界標準になりつつあるため、ライフスタイルのメリットは考慮されなくなり、金銭的インセンティブが大きな差別化要因になっています。
  • 認定は新しいレベルの重要性を持つようになりました。 雇用主の大多数(90%)は、従業員が資格を取得するために支払うと述べており、専門家の81%は今年、資格を追加する予定であり、これらの資格が持つ重要性を示しています。認定資格を持つオープンソースの専門家を雇う可能性が高い雇用主の69%は、人材不足の状況下、仕事をするスキルを持っていることを証明できる限り、以前の経験は必要条件ではなくなっていることも強調しています。
  • クラウドの継続的な優位性: クラウドとコンテナテクノロジーのスキルは今年も最も需要が高く、69%の雇用主がこれらのスキルの採用を求めており、オープンソースの専門家の71%がこれらのスキルの需要が高いことに同意しています。これは驚くべきことではなく、調査対象の77%の企業が、過去1年間にクラウドの使用を増やしたと報告しています。 Linuxのスキルも依然として高い需要があり(採用マネージャーの61%)、Linuxがクラウドコンピューティングをどれだけ支えているかを考えると驚くことではありません。
  • サイバーセキュリティの懸念が高まっています。 サイバーセキュリティスキルは、採用決定に影響を及ぼす要素の4番目になっています。これは、雇用主の40%が報告しさており、クラウド、Linux、DevOpsに次ぐものです。専門家の間では、77%は、追加のサイバーセキュリティトレーニングによる恩恵があると述べており、セキュリティの重要性がますます認識されているものの、真に安全なテクノロジーの展開を実現するために行うべき作業があることを示しています。

ハッシュタグ#OSSJobsを使って、オープンソース ジョブ レポートで学んだことやコメントを共有してください。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。