Linuxでフォントを管理する方法

Linuxでフォントを管理する方法

ジャック・ウォレン

技術文書を書くだけでなく、小説も書いています。また、GIMPのようなツールに慣れているため、自分でブックカバーを作成します(そして、少数のクライアントのためにグラフィックデザインを行います)。その芸術的努力は、フォントを含め、多くの部分が適切に配置されることにかかっています。

過去数年間でフォントのレンダリングは大きな進歩を遂げましたが、Linuxでは引き続き問題となっています。 LinuxとmacOSで同じフォントの外観を比較すると、違いは大きく異なります。これは、1日中画面を見つめているときに特に当てはまります。しかし、Linuxでのフォントのレンダリングはまだ完全ではありませんが、オープンソースプラットフォームの利点の1つは、ユーザーがフォントを簡単に管理できることです。 Linuxでは、選択、追加、スケーリング、および調整から、フォントをかなり簡単に操作できます。

ここでは、Linuxでの「フォント機能」を拡張するために長年頼ってきたいくつかのヒントを紹介します。これらのヒントは、特にオープンソースプラットフォームで芸術的な取り組みを行う人々に役立ちます。 Linuxには非常に多くのデスクトップインターフェイスがあり(それぞれが異なる方法でフォントを処理するため)、デスクトップ環境がフォントの管理の中心になったとき、主にGNOMEとKDEに焦点を当てます。

それでは、作業を始めましょう。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。