スキップしてメインコンテンツへ
期間を延長! 6 月 21 日まで! 最大 40% の節約でキャリア目標を達成しましょう!  詳細はこちら

THRIVE-ONE利用規約

Linux Foundation THRIVE-ONE サブスクリプション プランでは、以下へのアクセスが許可されます。

  1. 購入時に指定されたサブスクリプション期間(Term)の間、Linux Foundationプラットフォームで提供される すべてのセルフペースeラーニング コースマンスリープランを購入した場合の期間は購入日から 1 か月間、年間プランを購入した場合の期間は 1 年間になります。
  2. (Standard/Monthly サブスクリプションの場合) 認定試験クーポン 1 枚:カタログにあるすべての試験に引き換えることができますが、Monthlyサブスクリプションについては 10か月 継続してからが対象になります。
  3. (年間サブスクリプションの場合) 認定試験クーポン 1 枚:年間サブスクリプションの支払いが正常に処理されると引き換えることができます。カタログにあるすべての試験から選ぶことができます。クーポンの有効期限は1年間です。引き換えてから試験をスケジュールして受験するまでに 1 年間の猶予があり、さらに必要な場合は再受験も可能です。 
  4. (Premiumサブスクリプションの場合) 認定試験クーポン 2 枚:年間サブスクリプションの支払いが正常に処理されると引き換えることができます。カタログにあるすべての試験から選ぶことができます。クーポンの有効期限は1年間です。引き換えてから試験をスケジュールして受験するまでに 1 年間の猶予があり、さらに必要な場合は再受験も可能です。

除外事項: 次のコンテンツは THRIVE-ONE ではご利用いただけません。インストラクター主導のコース、FINOPS 製品、および SkillCreds。 

お支払いと無料トライアル

サブスクリプションは 10 日間の無料トライアルから始まります。私たちは自らの裁量により、お客様の無料トライアルの資格(複数の無料トライアル アカウントの作成など)を判断し、事前の通知や責任を負うことなくいつでも無料トライアルを取り消したり変更したりする権利を留保します。 

あなたは、無料トライアルを開始する前に、オンライン チェックアウト時にお支払い方法を指定することに同意するものとします。お支払い方法に関する認証が表示される場合がありますが、無料トライアル期間中に、Linux Foundation がお支払い方法について処理することはありません。

無料トライアルの最終日に、わたしたちはあなたの無料トライアルを有料プランに切り替え、オンライン チェックアウト時に選択された請求頻度に応じて、該当する料金の支払い方法を処理します。 その日以降、すべてのプランに自動更新が適用されます。

お支払いを希望しない場合は、無料トライアルが終了する前にサブスクリプションをキャンセルする必要があります。
無料トライアルをキャンセルすると、セルフペースeラーニング コースへのアクセスは直ちに終了します。

自動更新

あなたは、該当する各期間の終了時にわたしたちが自動的にお支払いを処理し、その期間と同じ期間のサブスクリプション プランを更新することを理解し、これに同意するものとします。 

定期購入のキャンセルと返金

サブスクリプションは期間中いつでもキャンセルできます。
サブスクリプション期間の終了前にキャンセルしても、返金はありません。
たとえば、毎月1日に更新されるMonthlyサブスクリプションを契約している方が、ある月の15日にキャンセルした場合、その月の月末までアクセスできますが、料金の半分が日割りで返金されることはありません。.

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。