スキップしてメインコンテンツへ

Kubernetes Security Essentialsコースを新しく公開

投稿: 2021年1月8日お知らせ

本日、Linux Foundation Training&CertificationとCloud Native Computing Foundationは、最新のトレーニングコースが利用可能になったことを発表しました。 LFS260 – Kubernetes Security Essentialsコースです。このコースでは、ビルド、デプロイ、および実行時にコンテナ ベース アプリケーションやKubernetesプラットフォームを保護するためのさまざまなベストプラクティスのスキルや知識を提供します。最近開始された Certified Kubernetes Security Specialist (CKS) 認定試験の準備にも最適です。 

プロダクション環境がより分離され機敏になるにつれ、環境全体を安全に保つことが複雑になっています。この問題は、クラウドの採用が加速するにつれて、さらに深刻化するでしょう。 2020 Open Source Jobs Report によれば、クラウド スキルとセキュリティ スキルが採用決定に与える影響は、前者が第1位、後者が第3位で、これらのスキルの人材不足はますます高まっています。これらすべてが、CNCFとThe Linux Foundationがこのコースを開始するおもな理由です。クラウドとコンテナのセキュリティに関連するトレーニングや認定を広く利用できるようにすることで、その人材不足を埋めることができます。

30時間のセルフペース コースはオンラインで実施され、業界のエキスパートやハンズオン ラボから学び、コンテナ ベースのアプリケーションを保護するために必要な体験ができます。コンテナ セキュリティだけでなく、デプロイによってクラスタが構成される前のトピックや、継続的で機敏な使用(継続的なセキュリティや脆弱性情報の入手場所など)についても説明します。 

参加者は、コースの終わりまでに、クラウド実稼働環境のセキュリティ懸念を理解し、システムとクラスタを強化し、コンテナのサプライチェーンを保護し、セキュリティ イベントを監視およびログに記録できるようになります。 

このコースは、The Linux Foundationのシニア インストラクター兼コースウェア開発者であるTim Serewiczによって開発されました。 Timは、Linux FoundationのKubernetes Fundamentals、Kubernetes for Developers、およびKubernetes Security Essentialsコースの作成と更新を担当し、CKS試験の作成にも関わっています。

登録はこちらです。 してクラウド セキュリティのスキルを強化しましょう!

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。