スキップしてメインコンテンツへ

Linux Foundation Kubernetes 認定で試験シミュレーターが利用可能に

投稿: 2021年6月2日お知らせ

 認定試験の登録者が受験前に試験環境を体験できる新ツールが登場

2021年6月2日、サンフランシスコ発The Linux Foundation(オープンソースを通じて大規模なイノベーションを可能にする非営利組織)と、クラウド ネイティブ ソフトウェアの持続可能なエコシステムを構築するCloud Native Computing Foundation® (CNCF®) の発表によれば、3 つの Kubernetes 認定試験では試験シミュレーターを利用できるようになります。つまり、受験登録者は実際に試験を受ける前に、試験環境を体験することができます。

Certified Kubernetes Administrator (CKA)Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)、およびCertified Kubernetes Security Specialist (CKS) 試験に登録した方は、Killer.shが提供するシミュレーターを2回まで利用できます。 各シミュレーションは、アクティベートされた時点から36時間のアクセスが可能です。試験のシミュレーションには、受験者が実際の試験で遭遇すると予想されるものと同様の20~25の問題が含まれています。

シミュレーターに表示される問題は、実際の試験で見られるものとは異なり、すべての試行およびすべてのユーザーで同じですが、実試験のように採点もされます。このシミュレーターを利用することで、受験者は実際の受験環境に慣れ、安心して試験に臨むことができます。

CNCFのCTOであるChris Anisczcyk氏は、次のように述べています。「何を期待すべきかを正確に知らずに認定試験に飛び込むのはストレスが溜まる可能性がある、とコミュニティから聞いています。特に、パフォーマンスベースで実世界の環境や問題をシミュレートする認定試験ではなおさらです。この試験シミュレーターを提供することで、受験者は試験に何を期待すべきかを知ることができ、環境学習曲線なしでスキルをテストできるようになります。」

今日からCKA、CKAD、CKSに登録する人は誰でも、すぐにシミュレーターにアクセスできます。これらの試験のいずれかに登録して有効期限が切れておらず、2度の試験を受験していない方は、登録の有効期限が早い人から順に、次のようにアクセスできます。

  • 2021 年 6 月 2 日 – 2021 年 6 月 2 日から 1 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 6 月 8 日 – 2021 年 6 月 2 日から 2 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 6 月 15 日 – 2021 年 6 月 2 日から 3 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 6 月 22 日 – 2021 年 6 月 2 日から 4 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 6 月 29 日 – 2021 年 6 月 2 日から 5 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 7 月 6 日 – 2021 年 6 月 2 日から 6 か月以内に期限切れになるすべてのオープン資格
  • 2021 年 7 月 13 日 – 2021 年 6 月 2 日から 7 か月以内に期限切れになるすべてのオープン資格
  • 2021 年 7 月 20 日 – 2021 年 6 月 2 日から 8 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 7 月 27 日 – 2021 年 6 月 2 日から 9 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 8 月 3 日 – 2021 年 6 月 2 日から 10 か月以内に有効期限が切れるすべてのオープン資格
  • 2021 年 8 月 10 日 – 2021 年 6 月 2 日から 11 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格
  • 2021 年 8 月 17 日 – 2021 年 6 月 2 日から 12 か月以内に期限切れとなるすべてのオープン資格

Cloud Native ComputingFoundationについて

クラウド ネイティブ コンピューティングは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドにおいて、オープンソース ソフトウェア スタックを使用してスケーラブルなアプリケーションを構築・実行することを可能にします。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、Kubernetes、Prometheus、Envoyなど、グローバルな技術基盤の重要なコンポーネントをホストしています。 CNCFは、業界のトップ開発者、エンドユーザー、ベンダーを結集し、世界最大のオープンソース開発者カンファレンスを開催しています。 CNCFは、世界最大のクラウド コンピューティング企業やソフトウェア企業、200を超える革新的なスタートアップ企業など、500を超えるメンバーによってサポートされており、非営利組織The Linux Foundationの一員でもあります。詳細については、www.cncf.io をご覧ください。

The Linux Foundationについて

2000年に設立されたThe Linux Foundationは、1,000以上のメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションのための世界有数の拠点です。 Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.jsなど世界のインフラストラクチャにとって重要なものです。 Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応し、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを構築することに重点を置いています。詳細については、 linuxfoundation.org にアクセスしてください。

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 The Linux Foundationの商標の一覧については、以下の商標使用のページをご覧ください。
www.linuxfoundation.org/trademark-usage
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。

# # #

添付 – Kubernetes 認定試験環境のプレビュー:

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。