認定 > クラウド & コンテナ > Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)
認定試験

Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)

CKAD 2021 – 2021年9月28日00:00UTC

ここをクリック CKAD2021ドメインとコンピテンシーを表示するには

Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) 試験は、ユーザーがKubernetesのクラウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、構成、公開できることを証明します。

対象者

この認定は、Kubernetesによるクラウドネイティブアプリケーションの構築、デプロイ、構成を担当するKubernetesエンジニア、クラウドエンジニア、その他のITプロフェッショナルを対象としています。
少なく読む 続きを読む
この認定試験について

CKADは、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって開発され、標準化されたトレーニングと認定を通じてKubernetesエコシステムを拡大するのに役立ちます。この試験は、オンラインで監督された、パフォーマンスベースのテストであり、コマンドラインで解決する一連のパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

K8アプリケーション開発者は、Kubernetesのクラウドネイティブアプリケーションを設計、構成、公開できます。 CKADは、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用して、Kubernetesでスケーラブルなアプリケーションとツールを構築、監視、トラブルシューティングできます。
この試験は、コンテナ ランタイムやマイクロサービス アーキテクチャの知識があることを前提としていますが、それらを問うものではありません。
以下のような知識を持つ受験者を想定しています。
-DockerやrktなどのOCI準拠のコンテナランタイム。
-クラウドネイティブアプリケーションの概念とアーキテクチャ。
-Python、Node.js、Go、Javaなどのプログラミング言語。
少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
コア コンセプト13%
Kubernetes APIプリミティブを理解する
基本的なポッドの作成と構成
構成18 %
ConfigMapを理解する
SecurityContextsを理解する
アプリケーションのリソース要件を定義する
シークレットを作成して使用する
ServiceAccountsを理解する
マルチコンテナPod10%
マルチコンテナPodのデザイン パターン(ambassador, adapter, sidecarなど)を理解する
可観測性18%
LivenessProbesとReadinessProbesを理解する
コンテナのロギングを理解する
Kubernetesでアプリケーションを監視する方法を理解する
Kubernetesのデバッグを理解する
Podのデザイン20%
ラベル、セレクター、注釈の使用方法を理解する
展開とローリング更新の実行方法を理解する
展開とロールバックの実行方法を理解する
ジョブとCronJobsを理解する
サービスとネットワーキング13%
サービスを理解する
NetworkPoliciesの基本的な理解を示す
ステートの持続性8%
ストレージの永続ボリュームの要求を理解する

CKAD 2021 – 2021年9月28日

ここをクリック CKAD2021ドメインとコンピテンシーを表示するには

CKAD認定は、今日の業界でKubernetesアプリケーション開発者として成功するために必要なスキルに焦点を当てています。この試験は、コンテナ ランタイムやマイクロサービス アーキテクチャに関する知識を前提としていますが、それらを問う試験ではありません。以下のような知識を持つ受験者を想定しています。

DockerやrktなどのOCI準拠のコンテナ ランタイム。
クラウド ネイティブ アプリケーションの概念とアーキテクチャ。
Python、Node.js、Go、Javaなどのプログラミング言語。

試験の詳細とリソース
この試験は、コマンドラインで解決する実技タスク(問題)セットで構成された、オンラインの監督付きの実技試験です。受験者の持ち時間は2時間です。

に登録する候補者 Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) 試験は、試験シミュレーターに対して (試験登録ごとに) 2 回試行されます。 Killer.sh.  

試験は Kubernetes v1.21 に基づいています。
CKAD試験環境は、K8sのリリース日から約4〜8週間以内に、最新のK8sマイナーバージョンと連携します。

前提知識
この試験の前提条件はありません。
関連のコースや認定
レビュー
2021年6月
全体的な経験はとても良かったです、監督官による前提条件のタスクは非常にスムーズでした。試験の質問は非常に明確で、UIは使いやすく、ナビゲートしやすいです。
2021年5月
前回の試行から数か月が経過しましたが、インターフェイスははるかに優れており、クラスターの応答性も向上しています。
2021年5月
試験はバランスが取れており、質問を簡単に切り替えることができます。本当に際立っているのは、それぞれに提供された重量で、合計で100%になり、優れた透明性が得られます。
2021年3月
提供された時間枠を考えると、それは非常に困難ですが、証明書はどうあるべきかということだと思います。特にプロジェクト管理などの技術以外のバックグラウンドを持つ人々は、本当に一生懸命準備する必要があります。
2021年2月
実際の例を使った実践的なアプローチは、「通常の」試験よりも間違いなく優れています。要件を読んで「手を汚した」後のストレスレベルを軽減する、全体的に楽しい経験でした。
2021年1月
インターフェースは、私が受けたどの模擬テストよりも優れていました。問題の説明は、ほとんどの場合、非常に明確でした。
2021年1月
特にこのパンデミックの時期に試験を実施する方法は本当にありがたいです。
2021年1月
実践的なテスト、物事は複数の方法で行うことができ、この試験はそれを可能にします。