スキップしてメインコンテンツへ

サクセス ストーリー:Kubernetes認定の準備をすることで、プラットフォーム開発エンジニアのスキルが向上

投稿: 2021年7月29日お知らせ

Faseela K.は、オープンソース ネットワーキングのバックグラウンドを持つプラットフォーム開発エンジニアです。使用しているVMよりもコンテナの使用が増えているのを見て、彼女はKubernetesについて学び始め、 Certified Kubernetes Administrator (CKA)を追求することにしました。彼女の経験について伺いました。

Linux Foundation:CKA試験を受けたときのようすについてお聞かせください。

Faseela K:自宅で受験する初めてのオンライン資格試験だったので、不安もありました。試験監督は時間どおりに来てくれるだろうか?試験を受けるクラウド プラットフォームが動かなくなるのではないか?時間内に試験を終えることができるだろうか?など、さまざまな疑問が頭をよぎりました。しかし、私はすべての不安を断ち切り、とてもスムーズに試験を受けることができ、何の困難もなく試験を終えることができました。 

LF:どのように試験の準備をしましたか?

FK:私は日々の仕事でKubernetesを使っている人間なので、シラバスのトピックは身近に感じられました。それに加えて、模擬試験やオンライン コースもこなしました。試験の準備をしたことで、日々の仕事に関連する多くの作業が非常に楽になり、K8sに関する専門知識のレベルもかなり上がりました。

LF:CKAの準備と受講は、スキルの向上にどのように役立ちましたか?

FK:私は定期的にK8に取り組んでいますが、使用していた概念と機能の範囲は最小限でした。 CKAの準備は、K8のすべての領域に触れるのに役立ち、すでに経験したことで、物事の完全なエンドツーエンドのビューを得ることができました。今ではKubernetesの問題をより適切にトラブルシューティングし、各問題を深く掘り下げて解決策を見つけることができます。

LF:あなたの現在の職務について詳しく教えてください。あなたはどのような種類の活動に従事していて、CKAはどのように役立っていますか?

FK:私は現在、シスコでプラットフォーム開発エンジニアとして働いており、エンタープライズKubernetesプラットフォームを開発および保守しています。コンテナ化されたプラットフォームのトラブルシューティング、アップグレード、ネットワーキング、およびシステム管理は、私たちの日常業務の一部であり、CKAは、これらすべての領域を完全に習得するのに役立ちました。 CKAの準備のために受講したトレーニングは、Kubernetes管理に対する私の見方を驚異的に変え、製品のエンドツーエンドのビューを実現するのに役立ちました。プラットフォーム内の問題のデバッグがこれまで以上に簡単になり、この認定を受けたことで、時間的に制約のある方法で問題を修正することにさらに自信が持てるようになりました。

LF:以前あなたは、次は Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) を受けたいとおっしゃっていましたが、その資格の魅力について教えてください。

FK:私は自分のキャリアの中でコンテナ化アプリケーション開発の追求を計画しているので、CKADは魅力的でした。実はすでにCKADも完了していて、CKA認定の取得後1か月足らずでCKAD認定を取得しました。 CKAで自信がついたので、2つ目の試験にすぐに挑戦することができました。

LF:OpenDaylightプロジェクトに取り組んだ経験について教えてください。 SDNからKubernetesに移行したきっかけは何ですか?

FK:私は以前、The Linux FoundationでOpenDaylightプロジェクトのTechnical Steering Committeeのメンバーとして、OpenDaylightに多くの貢献をしてきました。OpenDaylightでは、LFネットワーキングのさまざまな活動に触れることができましたし、The Linux Foundationでは、組織を超えて一流の頭脳と関わることができました。 

さまざまな会議やDDFの期間中に世界中から集まり、会社の境界を越えて協力して一般的なSDNの問題を解決することで、私は非常に満足しています。一定期間にわたって、コンテナはVMを介して勢いを増してきました。私は、Kubernetesがより有望に見えるコンテナ化とプラットフォーム開発にもっと関与したいと考えていました。

LF:あなたの将来のキャリア目標は何ですか?

FK:K8sの内部実装についてさらに学び、将来的にはistio、servicemesh、networkservicemeshなどのプロジェクトに参加する予定です。私の夢は、クラウドネイティブ ソフトウェア開発者になり、クラウドネイティブな方法でコンテナ アプリケーション開発を促進することです。

LF:次に最も勉強したいテクノロジーは何ですか?

FK:私は現在golangプログラミング言語のコースを進めています。また、時間が許せば、Certified Kubernetes Security Specialist (CKS) 試験を受ける予定です。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。