スキップしてメインコンテンツへ
自分磨きのチャンス。コースと認定が最大50%オフ。 詳細はこちら!

Linux Foundation 認定システム管理者 (LFCS) 試験の更新について

2023年5月11日#!31水、24 5°2023 13:10:30 +0000Z30311#31水、245月2023 13:10:30 +0000Z-1 +00:003131 +00:00X31 24 PM31PM-31℃、245月2023 13: 10:30 +0000Z1 +00:003131 +00:00X312023水、245月2023 13:10:10:30 +0000101105PM日= 618#! #!31水, 24 5月 2023 13:10:30 +0000Z3031#/31水, 24 5月 2023 13:10:30 +0000Z-1+00:003131+00:00x31#! 31水、24 2023年5月 13:10:30 +0000Z+00:005#お知らせ

LFCS 試験の更新についてのお知らせ

 

The Linux Foundation Training & Certification は、2023 年 5 月 11 日午前 12 時 01 分 (UTC) 以降の(再受験を含む)受験者に適用されるLinux Foundation 認定システム管理者 (LFCS) 試験の更新を発表しました。

ディストリビューションに無関係になりました!

最初の大きな変更点は、試験の内容がディストリビューション固有の技術から独立するものになりました。そのため、試験準備チェックリストでプラットフォームを選択する必要がなくなったことです。 

ドメインとコンピテンシーの更新

ドメインとコンピテンシーに関する更新は、 LFCS ページに掲載されています。ドメインの更新概要は以下の通りです:

  • 運用と展開 – 25%
  • ストレージ – 20%
  • ネットワーキング – 25%
  • ユーザーとグループ – 10%
  • 基本コマンド – 20%

新しい Linux Foundation 認定システム管理者 (LFCS) 試験は、以下の技術能力の認定をします。

  • オンプレミスかクラウドベースかを問わず、Linuxベースのシステムを適切にインストール、設定、および運用する技術力
  • ネットワーキング、ストレージ、メンテナンス、ロギング、モニタリング、セキュリティ、自動化、トラブルシューティングなどの主要な概念の理解
  • Linuxを適切に使用し、アプリケーションやサービスを展開および運用する技術力
  • Linuxネットワーキングの基礎、クラウドネイティブ展開をサポートするためのLinuxの役割の理解

LFCSの取得は、合格者にとって、スキルを証明することで、重要な成果となります。クラウドコンピューティングと新しい技術について学び続け、別の認定や資格取得の検討を強くお勧めします。より詳細な情報については、 全認定を記載したカタログSkillCred資格情報を参照してください。

開発プロセスに協力してくれた認定開発チーム全体とベータ テスターのコミュニティに特別な感謝の意を表したいと思います。 

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。