認定試験

認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD-JP)

CKAD 2021 – 2021年第3四半期に予定

ここをクリック CKAD2021ドメインとコンピテンシーを表示するには

日本語を話す試験監督のもとで試験を受けたい方は、この-JP試験を選択してください。 認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD) は、Kubernetes対応のクラウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、構成、公開できることを認定する試験です。

対象者

この認定は、Kubernetesによるクラウドネイティブアプリケーションの構築、デプロイ、構成を担当するKubernetesエンジニア、クラウドエンジニア、その他のITプロフェッショナルを対象としています。この-JP試験は、日本語を話す試験監督のもとで試験を受けたい方のみ選択してください。
少なく読む 続きを読む
この認定試験について

CKADは、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって開発され、標準化されたトレーニングと認定を通じてKubernetesエコシステムを拡大するのに役立ちます。この試験は、オンラインで監督された、パフォーマンスベースのテストであり、コマンドラインで解決する一連のパフォーマンスベースのタスク(問題)で構成されています。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

認定Kubernetesアプリケーション開発者は、Kubernetes用のクラウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、公開できます。 CKADは、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用して、Kubernetesのスケーラブルなアプリケーションやツールを構築、監視、トラブルシューティングできます。
この試験は、コンテナ ランタイムやマイクロサービス アーキテクチャの知識があることを前提としていますが、それらを問うものではありません。
以下のような知識を持つ受験者を想定しています。
DockerやrktなどのOCI準拠のコンテナ ランタイム。
クラウドネイティブアプリケーションの概念とアーキテクチャ。
Python、Node.js、Go、Javaなどのプログラミング言語。
少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
コア コンセプト13%
Kubernetes APIプリミティブを理解する
基本的なポッドの作成と構成
構成18 %
ConfigMapを理解する
SecurityContextsを理解する
アプリケーションのリソース要件を定義する
シークレットを作成して使用する
ServiceAccountsを理解する
マルチコンテナPod10%
マルチコンテナPodのデザイン パターン(ambassador, adapter, sidecarなど)を理解する
可観測性18%
LivenessProbesとReadinessProbesを理解する
コンテナのロギングを理解する
Kubernetesでアプリケーションを監視する方法を理解する
Kubernetesのデバッグを理解する
Podのデザイン20%
ラベル、セレクター、注釈の使用方法を理解する
展開とローリング更新の実行方法を理解する
展開とロールバックの実行方法を理解する
ジョブとCronJobsを理解する
サービスとネットワーキング13%
サービスを理解する
NetworkPoliciesの基本的な理解を示す
ステートの持続性8%
ストレージの永続ボリュームの要求を理解する

CKAD 2021: 2021年 第3 四半期に予定

CKAD 2021 のドメインとコンピテンシーについてはこちらを参照

CKAD認定は、今日の業界でKubernetesアプリケーション開発者として成功するために必要なスキルに焦点を当てています。この試験は、コンテナ ランタイムやマイクロサービス アーキテクチャに関する知識を前提としていますが、それらを問う試験ではありません。以下のような知識を持つ受験者を想定しています。

DockerやrktなどのOCI準拠のコンテナ ランタイム。
クラウド ネイティブ アプリケーションの概念とアーキテクチャ。
Python、Node.js、Go、Javaなどのプログラミング言語。

試験の詳細とリソース
この試験は、コマンドラインで解決する実技タスク(問題)セットで構成された、オンラインの監督付きの実技試験です。受験者の持ち時間は2時間です。

試験は Kubernetes v1.21 に基づいています

前提知識
この試験の前提条件はありません。