Kubernetes for Developers (LFD259)

Kubernetesは、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイ、スケーリング、および更新するための高速オープンソースオーケストレーションツールです。このコースでは、マルチノードクラスタでアプリケーションをコンテナ化、ホスト、デプロイ、および構成する方法を学びます。

取り上げるトピックは、Cloud Native Computing Foundation認定Kubernetesアプリケーション開発者(CKAD)プログラムによってテストされた知識ドメインと直接調整されており、学生の認定資格を大幅に向上させます。

$299 申し込む 見積もりを取得

コースの概要

このコースでは、マルチノードクラスタでアプリケーションをコンテナ化、ホスト、デプロイ、および構成する方法を学びます。シンプルなPythonスクリプトから始めて、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用してKubernetesでスケーラブルなアプリケーションを構築、監視、トラブルシューティングします。ネットワークプラグイン、セキュリティ、クラウドストレージを使用すると、運用環境にアプリケーションを展開するために必要な多くの機能を利用できます。

もっと見る

このコースでは、次の方法を学習します。

  • 新しいPythonスクリプトをコンテナ化してデプロイする
  • ConfigMaps、Secrets、およびSecurityContextsを使用して展開を構成する
  • マルチコンテナポッドの設計を理解する
  • ポッドヘルスのプローブを設定する
  • アプリケーションを更新してロールバックする
  • サービスとNetworkPoliciesを実装する
  • 状態の永続化にはPersistentVolumeClaimsを使用します
  • もっと

このコースは、ベンダーやディストリビューションに依存しないように作られていますので、ここで学習する概念は普遍的に適用できます。

このコースには、購入日から(事前予約した場合は利用可能になった日から)1年間アクセスできます。この期間内であれば、コースを完了した後でも、いつでもアクセス可能です。 コースの完了には30〜35時間かかることが予想されます(ただし、コースは自分のペースで進められるため、好きなだけ早くまたはゆっくりと移動できます)。

セット料金のご案内

トレーニングと試験を組み合わせると、100ドル割引になります*
(* -JPのコース&試験セットは準備中です)

$499

購入

おもなテーマ

第1章 コース紹介
第2章Kubernetesのアーキテクチャ
第3章ビルド
第4章デザイン
第5章デプロイメント構成
第6章セキュリティ
第7章アプリケーションの公開
第8章トラブルシューティング

前提知識

このコースを最大限に活用するには、基本的なLinuxコマンドラインおよびファイル編集スキルがあり、プログラミング言語(Python、Node.js、Goなど)の使用に精通している必要があります。 Cloud Nativeアプリケーションの概念とアーキテクチャに関する知識(無料で教えられているものなど) Kubernetes edX MOOCの概要)はこのコースに役立ちます。

コメント

Kubernetesの内部に関する非常に徹底的な説明。私は過去2年半にわたってk8を扱ってきましたが、このコースでは多くのことを学びました。特にネットワーキングに関するセクションを高く評価しました。これはKubernetesで最も難しいテーマの1つであり、Kubernetesを中心に現在構築されているすべてのプラグインを理解するのにかなり役立ちました。」2019年12月

 

レッスンの構造は互いに非常にうまく構築されています。実践的な側面は特に価値があると感じました。説明は、ドットを接続し、すべてのコンポーネントがどのように連携するかを視覚化するのに本当に役立つ特定のことをしている理由に関するコンテキストを提供しました」 2019年11月

 

関連するすべてのトピックを網羅しています。ラボも良質です」 2019年7月

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 35時間のコース教材
  • 演習と課題
  • ビデオ コンテンツ
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • デジタルバッジ
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   中級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
企業向けの団体割引を受ける>