トレーニングコース

Kubernetes for Developers (LFD259)

Kubernetesは、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイ、スケーリング、および更新するための高速オープンソースオーケストレーションツールです。このコースでは、マルチノードクラスタでアプリケーションをコンテナ化、ホスト、デプロイ、および構成する方法を学びます。

対象者

このコースは、Kubernetesアプリケーション開発のスキルを習得したい開発者に最適です。受講者は、Linuxコマンドライン、Python、Node.js、Goなどのプログラミング言語に精通しており、クラウドネイティブアプリケーションの概念とアーキテクチャの基本を理解している必要があります。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、マルチノードクラスタでアプリケーションをコンテナ化、ホスト、デプロイ、および構成する方法を学びます。シンプルなPythonスクリプトから始めて、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用してKubernetesでスケーラブルなアプリケーションを構築、監視、トラブルシューティングします。ネットワークプラグイン、セキュリティ、クラウドストレージを使用すると、運用環境にアプリケーションを展開するために必要な多くの機能を利用できます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

取り上げられているトピックは、Cloud Native Computing Foundation認定のKubernetesアプリケーション開発者(CKAD)プログラムによってテストされた知識ドメインと直接連携しており、認定資格を取得する学生の能力を大幅に高めます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章Kubernetesのアーキテクチャ
第3章ビルド
第4章デザイン
第5章デプロイメント構成
第6章セキュリティについて
第7章アプリケーションの公開
第8章アプリケーションのトラブルシューティング

このコースを受講したら、CKAD試験を受けて認定を取得しましょう

このコースと試験をバンドルすると$100オフになります

前提条件
このコースを開始する前に、次のことを理解しておく必要があります。

  • Linuxの概念とコマンドライン – お勧めコースは Introduction to Linux(無料のedXコース)
  • パッケージマネージャー
  • GitとGitHub
  • お勧めコースは Introduction to Kubernetes(無料のedXコース):Kubernetesをより良く理解するための入門編
実習について
このコースの実習を正常に完了するには、LinuxサーバーまたはLinuxデスクトップ/ラップトップにアクセスする必要があります。パブリッククラウドプロバイダー、またはマシン上のVirtualBoxへのアクセスも必要です。ラボ環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウド プロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウド プロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウド プロバイダーの利用規約が変更された場合は、追加料金が発生する可能性があります。

関連のコースや認定
レビュー
2022年6月
CKAD試験に合格するためにできる限りのことをしたことを確認するためにこのコースを購入しましたが、今では自信がついています.ありがとう!
2022年6月
Linkerd や Ingress コントローラーなど、K8s 自体を超えたツールを使用する必要があることが気に入りました。
2022年5月
内容が的確でわかりやすい。演習は非常に役に立ち、トピックをよく理解できます。
2022年4月
最良の部分は、自分のペースで学習できることと、トピックが簡単に消化できるチャンクに編成されていることです.特定のトピックについてさらに学ぶために、追加の資料へのリンクは便利でした。