スキップしてメインコンテンツへ

2021年オープンソース ジョブ レポート

2021年オープンソース ジョブ レポート

edXとLinux Foundation Researchとの協力で作成された第9回年次報告書では、オープンソース キャリアの最新動向、需要のあるスキル、オープンソース プロフェッショナルのモチベーション、雇用者が優秀な人材を引き付けて維持する方法、COVID-19の流行が雇用や職場に与える影響、業界の多様性の問題などが明らかにされています。

2021年オープンソース ジョブ レポートのおもな調査結果は次のとおりです。

  • 有能なオープンソース人材は依然として不足: ほとんどの採用マネージャー(92%)が、オープンソース スキルを備えた十分な人材を見つけるのが難しいと報告しています。半数の企業がオープンソースの採用を加速しており、人材不足をさらに悪化させています。 
  • クラウドの台頭: 採用マネージャーが最も求めているのは、クラウドとコンテナ テクノロジーのスキルで、このレポートの歴史の中で初めてLinuxを上回り、46%の採用マネージャーがクラウド技術者を求めています。
  • コミュニティにおける差別への関心の高まり: コミュニティ内で差別を受けたり、歓迎されないと感じたことがあると回答したオープンソース プロフェッショナルの数は、2021年には18%に増加し、過去3年間で125%の増加となりました。
  • DevOpsが標準のソフトウェア開発方法に: オープンソース プロフェッショナルのほぼ全員(88%)がDevOps手法を取り入れて作業を行っていると回答しており、3年前に比べて50%増加しています。
  • 認定された人材の急増に対する需要: マネージャーは、認定された人材(88%)の採用を優先しており、同様の割合のマネージャーが、認定を取得するために従業員に支払う意思があります。 
  • トレーニングは、スキル ギャップの解消にますます役立っている: 多くのプロフェッショナルが、雇用主に対してより多くのトレーニング機会を要求しており、92%のマネージャーが要求の増加を報告しています。また、雇用主は、スキルギャップを解消するためにトレーニングへの投資を優先すると回答しており、58%がこの戦術を用いています。これに対して、29%はスキルギャップを解消するために外部のコンサルタントを導入しています。

ハッシュタグ#OSSJobsを使って、オープンソース ジョブ レポートで学んだことやコメントを共有してください。

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。