トレーニング > システム管理 > Linuxシステム管理入門 (LFS201-JP) + LFCS-JP試験バンドル
コース+認定バンドル

Linuxシステム管理入門 (LFS201-JP) + LFCS-JP試験バンドル

対象者

Linux Foundation認定システム管理者(LFCS)認定は、Linuxシステム管理またはオープンソースのキャリアの初期の候補者に最適です。 Linux Foundationシステム管理コースで取り上げられているトピックは、Linux Foundation認定システム管理者(LFCS)試験でテストされた知識ドメインと直接連携しています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

Essentials of Linux Administrationコースでは、3つの主要なLinuxディストリビューションファミリー(Red Hat、SUSE、Debian / Ubuntu)の1つを実行するLinuxシステムを管理、設定、アップグレードする方法を学びます。また、本番環境のLinuxインフラストラクチャを効率的に構築および管理するために必要なすべてのツールと概念についても学びます。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

LFCS認定を取得すると、個人は自分のスキルを将来の雇用主に検証できます。これは、実務経験がほとんどない場合に特に価値があります。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章;序章
第2章 Linuxファイルシステムのツリーレイアウト
第3章 プロセス
第4章:信号
第5章:パッケージ管理システム
第6章 RPM
第7章 DPKG
第8章 yum
第9章 zypper
第10章 APT
第11章 システム監視
第12章 プロセス監視
第13章 メモリ:モニタリングの使用とチューニング
第14章 I/Oのモニタリングとチューニング
第15章 I/Oのスケジューリング
第16章 LinuxのファイルシステムとVFS
第17章 ディスクのパーティション分割
第18章 ファイルシステムの機能:属性、作成、チェック、マウント
第19章 ファイルシステムの機能:スワップ、クォータ、使用
第20章 ext2/ext3/ext4ファイルシステム
第21章 XFSおよびbtrfsファイルシステム
第22章 ディスクの暗号化
第23章 論理ボリューム管理 (LVM)
第24章 RAID
第25章 カーネルのサービスと設定
第26章 カーネルのモジュール
第27章 デバイスとudev
第28章 仮想化の概要
第29章 コンテナの概要
第30章 ユーザーアカウント管理
第31章 グループ管理
第32章 ファイルのアクセス許可と所有権
第33章 プラグイン可能な認証モジュール(PAM)
第34章 ネットワークアドレス
第35章 ネットワークデバイスと構成
第36章 ファイアウォール
第37章 システムの起動とシャットダウン
第38章 GRUB
第39章 システムの初期化:systemd、SystemVおよびUpstart
第40章 バックアップとリカバリ
第41章 Linuxセキュリティ モジュール
第42章 ローカル システムのセキュリティ
第43章 基本的なトラブルシューティング
第44章 システムレスキュー

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
基本コマンド25%
ローカルやリモートでグラフィカルモードおよびテキストモードのコンソールにログインする
ファイルを検索する
基本的なファイルシステムの機能とオプションを評価および比較する
ファイルの内容を比較して操作する
入出力リダイレクトを使用する(>、>>、|、2> など)
基本的な正規表現を使用してテキストを分析する
ファイルをアーカイブ、バックアップ、圧縮、展開、および解凍する
ファイルとやディレクトリを作成、削除、コピー、および移動する
ハードリンクとソフトリンクを作成および管理する
標準ファイル パーミッションの一覧表示、設定、および変更を行う
システム ドキュメントを読み込んで使用する
ルート アカウントへのアクセスを管理する
ランニングシステムの運用20%
システムを安全に起動、再起動、およびシャットダウンする
システムを異なるオペレーティング モードで起動する、またはモードを変更する
ブートローダーをインストール、設定、トラブルシュートする
プロセスを診断および管理する
システムログファイルを見つけて分析する
指定の日時にタスクが実行されるようにスケジュールする
スケジュールされたジョブの完了を確認する
必要な機能とセキュリティが提供されるようにソフトウェアを更新する
リソースの整合性と可用性を検証する
主要プロセスの整合性と可用性を検証する
永続的および非永続的なカーネルランタイムパラメータを変更する
スクリプトを使用してシステムメンテナンスタスクを自動化する
スタートアップ プロセス&サービスを管理する(サービスの設定で)
SELinux/AppArmor のファイルおよびプロセス コンテキストを一覧表示および識別する
ソフトウェアを管理する
ファイルが属しているLinuxディストリビューションのコンポーネントを特定する
ユーザーとグループの管理 10%
ローカル ユーザー アカウントを作成、削除、変更する
ローカルグループとグループメンバーシップを作成、削除、変更する
システム全体の環境プロファイルを管理する
テンプレートのユーザー環境を管理する
ユーザーのリソース制限を設定する
ユーザー特権を管理する
PAMを設定する
ネットワーク12%
ネットワークおよびホスト名の解決を静的または動的に設定する
起動時にネットワークサービスが自動的に開始されるように設定する
パケットフィルタリングを実装する
ネットワーク サービスの開始、停止、およびステータス チェックを行う
IPトラフィックを静的にルーティングする
他のネットワークピアを使用して時刻を同期する
サービスの設定20%
キャッシュDNSサーバーを設定する
DNSゾーンをメンテナンスする
eメール エイリアスを設定する
SSHサーバーとクライアントを設定する
HTTPプロキシサーバーへのアクセスを制限する
IMAPおよびIMAPSサービスを設定する
さまざまな動作モードでシステム サービスの動作のクエリと変更を行う
HTTPサーバーを設定する
HTTPサーバーのログファイルを設定する
データベース サーバーを設定する
Webページへのアクセスを制限する
コンテナを管理および設定する
仮想マシンを管理および設定する
ストレージ管理 13%
物理ストレージ パーティションを一覧表示、作成、削除、および変更する
LVMストレージを管理および設定する
暗号化されたストレージを作成および設定する
起動時または起動中にファイルシステムをマウントするようにシステムを構成する
スワップ スペースを設定および管理する
RAIDデバイスを作成および管理する
オンデマンドでファイルシステムをマウントするようにシステムを設定する
高度なファイルシステム権限を作成、管理、診断する
ファイルシステムのユーザーとグループのディスククォータを設定する
ファイルシステムを作成および設定する

Linux Foundationは、業界の専門家やプロジェクトのコミュニティと協力して、コアドメインと、各認定に適用できる重要なスキル、知識、能力を特定しました。次に、特定されたコンピテンシーに基づいて、パフォーマンスベースの試験が開発されました。
前提条件
Linuxのインストールやコマンドラインの使用など、このクラスにはLinuxの基本的な知識が役立ちますが、必須ではありません。私たちの無料 LFS101x Introduction to Linux コースを受講しておくとよいでしょう。

このコースは、KVM、VMWare、またはVirtual Boxファミリなどのハイパーバイザーの下で、ネイティブハードウェア上または仮想マシン(VM)として実行されているx86ベースのプラットフォームで動作するように設計されています。