トレーニング > DevOpsとサイトの信頼性 > Jenkins Essentials(LFS267)
トレーニングコース

Jenkins Essentials (LFS267)

このコースでは、Jenkinsのさまざまなユーザビリティと管理面について説明します。コースを完了すると、コンテナ化されたインストール、Kubernetesクラスターでの分散ビルド、 高度なセキュリティ機能、マルチブランチ パイプライン、およびJenkinsの概念を備えたGitOpsについてしっかりと理解できるようになります。

対象者

このコースは、DevOpsエンジニア、品質保証担当者、SRE、およびJenkins CI / CDの専門知識を習得したいソフトウェア開発者とアーキテクトを対象としています。登録する前に、学生はJenkinsの基本的な知識を持ち、KubernetesとDockerに精通している必要があります。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、KubernetesクラスターでJenkinsをセットアップする方法、IaCの概念を使用してJenkinsのインストールを自動化する方法、可用性の高いJenkinsサーバーをセットアップする方法、静的および動的なビルドエージェントを活用してJenkinsインフラストラクチャをスケーリングする方法、CLIを使用してさまざまなルーチンのJenkinsタスクを自動化する方法を学習します。およびRestAPI、Jenkinsジョブの整理、きめ細かいセキュリティコントロールの実装、効果的なCI / CDフィードバックループの設定、実際のシナリオをシミュレートする複雑なマルチブランチパイプラインの設定、GitOpsの原則を使用したプルリクエストワークフローの自動化。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースを修了すると、コンテナ化されたソリューションやクラウドベースのソリューションを使用してJenkinsのCI/CDサーバをスケーリングしたり、Jenkinsのマルチブランチ パイプラインを使用してリポジトリ レベルのパイプライン作成を可能にしたり、JenkinsでInfrastructure as Code(IaC)やGitOpsの原則を使用したりすることができるようになります。これらのスキルによって、SRE、DevOps、リリース エンジニアのロールに備えることができます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章 KubernetesにおけるJenkinsの実行
第3章 従来のプラットフォームにおけるJenkinsの高可用性
第4章 動的ビルド エージェントによるJenkinsインフラストラクチャのスケーリング
第5章 Jenkins CLI と Rest API
第6章 フィードバック ループの実装
第7章 Jenkinsジョブの保護
第8章 Jenkinsのパイプライン
第9章 アーティファクトの管理
第10章 さらに...

前提条件
このコースを受講する前に、次のことを理解しておく必要があります。

  • Jenkinsの基本的な知識 – お勧めは Introduction to Jenkins (LFS167) edXコース
  • Kubernetesの基本的な知識(ポッド、名前空間、ボリューム、ロールベースのアクセス制御(RBAC)) – お勧めは Introduction to Kubernetes (LFS158) edXコース
  • Dockerイメージの構築と使用の概念に関する基本的な知識
実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。