スキップしてメインコンテンツへ

Linux Foundation、日本語版のトレーニングと認定試験のラインアップを拡大

投稿: 2021年3月4日お知らせ

日本は、世界最大のオープンソース ソフトウェア市場の1つです。雇用の需要を満たすための「既存の人材のスキルアップ」や「コミュニティへの新しい人材の参加」が常に求められています。そのためには質の高いオープンソース トレーニングや認定に容易にアクセスできる必要があり、The Linux Foundation では多くの日本語版トレーニングや日本語版認定試験を開発しています。 

最新の日本語版オンラインコース Hyperledger Fabric管理 (LFS272-JP) が、今週リリースされました。 Hyperledger Fabric (ブロックチェーンベースの分散台帳技術) は、モジュール式のアーキテクチャでアプリケーションやソリューションを開発する基盤として設計されています。Hyperledger Fabricを使用すると、コンセンサスやメンバーシップサービスなどのコンポーネントをプラグアンドプレイできます。モジュール式の汎用性が高いデザインは幅広い業界のユースケースに対応し、独自のアプローチによるコンセンサスでプライバシーを保護しながら大規模なパフォーマンスを可能にします。 

LFS272-JPは、Hyperledger Fabricネットワーク、チェーンコードの管理と対話、ピアの管理、基本的なCAレベルの機能の操作方法についての理解を深めることができます。コースを修了すると、Hyperledger Fabricのネットワーク トポロジ、チェーンコード操作、ID管理、アクセス許可、コンポーネントのログを構成する方法と場所などについて十分に理解できるようになります。また、監督員が日本語に対応しているHyperledger Fabric管理者認定試験 認定Hyperledger Fabric管理者 (CHFA-JP) の受験準備にも役立ちます。

「Hyperledger Fabric管理」はLinux Foundation Training & Certificationが提供する最新の日本語版コースですが、このほかにも以下の日本語版が提供されています。

システム管理/エンジニアリング

クラウド & コンテナ

ブロックチェーン

また、最近では LPI-Japanと提携 し、LPI-JapanのLinuC レベル1 / LinuC レベル2と、Linux FoundationのCKA / CKADを組み合わせた新しい総合的な価値を提供しています。

Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。
「日本はコードだけではなくファイナンシャル サポートやエンドユーザーへの導入でも世界的にトップレベルでオープンソース コミュニティに貢献しています。私たちは、日本のオープンソース コミュニティをサポートすることがいかに重要かを知っています。そのためLinux Foundationのトレーニングと認定試験を日本語で受けられる選択肢を日本のコミュニティに提供できることを誇りに思います。私たちチームは、今後も引き続き日本語に対応した学習機会を提供していきたいと思います。」

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。